2008年1月26日

Suicaまつり@鉄道博物館

チケット












我らがさいたまの”鉄道博物館”で現在好評開催中の「Suica(感謝)まつり」、そのイベントの一つ「平野啓子語りの世界・銀河鉄道の夜」のチケットが当たってしまったので行ってみた。

ペンギン












このチケット、フツーは大人1000円する入場券も込み。てなわけで、寒い中並んでる一般の方を尻目にチケット組は秘密の入り口からスルー…ってどっかの有明の某所みたいだな(この画像はイメージです(南口においてあるペンギンフィギュア))

ホール












入場したあとホールに通されて、しばし待機。鉄ヲ&鉄子みたいな若いカップルが多いかな?と思ったけど、以外に年配の夫婦が多い。

転回所ジオラマ












時間がきて、2階にあるジオラマの部屋へ。部屋に入る前に定番の写真をパチリと。いつもは人がうじゃっといるので、ダレもいないこの空間は新鮮な感じ。ジオラマの部屋に入ると、中央にはいすが用意されてた。

しばらくして、平野啓子さんが出現。宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の読み聞かせなんだけど、フツーの読み聞かせと違うのは、進行に合わせてジオラマ上のSL模型が動くことと、影絵みたいな投影機と、暮れ行く明かりと。自らを「語りスト」と呼ぶだけあって、氏の迫真の演技でシクシクと徐々に反応してゆく感動…。自分で本を読むのとは全く違う。間とか調子が。スゴイ良かった。

抽選












スタンプラリーと1000円以上購入のレシート抽選で、これだけのSuicaグッズをゲット。まわりの人はマグカップとか当たってたので、当選確率は高かったみたいだ。ってか、この傘は使うの結構恥ずかしいかも。

日本縦断弁当1日本縦断弁当2












鉄子の旅プロデュース 日本縦断弁当 ~こだわり東日本編~(1000円)

レシート抽選で買ったものはこの弁当。どうやら先行販売だったみたいで、みんなこれを買っていた。ずんだ餅とか芋煮とかあんこう煮とか、弁当では初めて食べたなぁ。冷めてても旨かったよ。

ってか、博物館内のどっかにいるはずのSuicaペンギンのきぐるみには結局会えずじまい。どこにいたんだろう?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/749

コメントする