2008年2月25日

大阪の夜

通天閣
















大阪に出張するってのは口実で、単にこちらの友人と飲みに出かけたかっただけだったりして。動物園前駅(女子大駅と並ぶそのまんま駅だ)で降りて、寝転がってる人の脇を抜けると、そこは大阪。

まず串カツをと何店か有名店に行ってみるも、行列・行列・行列…月曜ですよ?!とか思いながらも、行列は親子連れ、カップル、学生グループが非常に多い。観光スポットなのか。というわけで、行列が6人ほどと一番少なかった「だるま通天閣店」へ。回転は結構早く、すぐ着席できた。若い人はあんまりお酒飲まないからなのかなぁ…。

くしかつ1くしかつ2













くしかつ3くしかつ4












・元祖串かつ
・アスパラ
・シイタケ
・ニンニク
・レンコン
・たまねぎ
・チーちく
・いかげそ
・ウインナー
・ししとう
・うずら
・カキ
などなど…ちょっと甘めのサラサラソースにどぶりと漬けて、ふー食った食った。

カキ












その中でも一番良かったのがこの「カキ」だ。210円也とこの店では高めだけど、大ぶりのプリップリのカキが3ヶも刺さってるんですわ。若いお姉さんが作ってたけど、なんともいい火の通り具合。しかしこれだけ食っても胸焼けしなくて不思議な感じだ。

花くじら












次に我々が向かったのは、福島の「花くじら」。おでんうまいよ~と大阪在住の中の人おすすめのお店。福島のへんに結構支店展開してるみたいだけど、本店はカウンターとテーブルをビニールで囲っただけの半屋台風。こちらはちょうどお客さんの入れ替わりですんなり座れた。

取組時間
















壁の張り紙に「1時間半以上の取組禁止」って書かれててちょっと笑ってしまった。ここは土俵デスか!

お酒












おでんといったら、やっぱり燗酒。ここの燗容器はペラッペラのやつじゃなくて重厚な大砲のごときフォルム。

花くじら












看板メニューの「はなくじら」。何だろう?と店員さんに聞いてみたら、「おばけです」とw。この問答もちょっといかがなものか?と思うけど、ああ、さらし鯨ですか。なるほど、花が咲いたように盛り付けられてる。フワッフワでとろけるよう。

大根&ひろうず












さて、おでん。大根&ひろうず。コレ、ダシが凄すぎる。まいった降参!味が濃いんだけど、煮詰まってる感じじゃなくて上品さが失われてない感じなんですわ。大根は芯までそのダシの味(+ちょっと大根)。ひろうずもひじきやしいたけなど、具が十二分に。

そういえば、ここは「ころ」とか「さえずり」の鯨メニューのみ価格が表示されてて、ほかのおでんメニューが価格表記なしでちょっとびびるんだけど、100~300円とリーズナブルな設定だ。

UFO












UFO。なんだかよくわからなかったので頼んでみた。はんぺんより固くってさつま揚げより柔らかい、Unidentified Fried Objectだ。って魚のすり身か。ちょっと香ばしくって良かったな。

はりはり巻












はりはり巻。水菜をさらし鯨で巻いたもの。ナカナカ食べられないぞっ!食感を失わない程度にさっと仕上げられている。控えめな味の水菜がダシと合わさるとウマイっす。

ねぎ袋1ねぎ袋2












そしてねぎ袋っ!ねぎの青いところタップリって関西ならではと思うんだけど、ショウガとともに油揚げの中へ。うーんさっぱりすっきり、しかしダシがっ。この日はこれが一番好みだった。また来るぞ。絶対他のメニューも食べに来よう。

ちょうちん












そして我々の夜は続く…。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/764

コメントする