2008年2月29日

2月のめん+α

うるう年の今年は1日多くてちょっとお徳な感じ?というわけで今月食べたラーメン、行ってみよう。

とろみ濃厚麺+味玉@匠@


















とろみ濃厚麺+味玉@匠@春日部(650+100円)

チャーシュー麺












昨日をもって閉店してしまった春日部の「匠」にてとろみ濃厚麺を。厳選された素材&無化調スープってうたい文句の店って案外…の所が多いんだけど、ここはやっぱりいいですわ。このとろみ、一体何でつけているんだろう?麺をチュルチュル啜ると、最初?だけど後からしみじみ来る旨さ。

いくら飯












いくら飯(ランチ200円)

そしてこのいくら飯!口に含むとすっと消えてなくなるいくらと共に、この固さのご飯はうまーですわ。しかし、結構繁盛してたのに、突然…の感が否めないこの閉店。移転先は不明らしいけど、浦和に戻ってくれるとうれしいな。

マーボーラーメン(激辛)@八島@茅場町


















マーボーラーメン(激辛)@八島@茅場町

肉&エビワンタン<br />
塩つけ麺麺












友人たちと茅場町の「八島」で飲んだあとの〆の一杯(というか何杯?)。紹興酒を散々飲んだ後にこの激辛マーボーは効きますねぇ。そしてこのしょっぱいつけ汁も目が覚める勢い。しかし、浅草開化楼の細めんはウマイなぁ。マーボーとつけ、全然違うタイプのスープに対して、自己主張するわけでもなく背後に回るわけでもなく。ちょっと見せてもらったら、ぽっぽっ屋の通販の袋のデザインと同じ(こちらは5玉一袋)だった。当たり前か。

つけ麺200g具増量@波華@北浦和


















つけ麺200g+具増量@波華@北浦和(720+200円)

つけ汁麺












浅草開化楼といえば、ちょっと前にできた北浦和の「波華」。こう書いて「ハバナ」と読むらしい。葉巻が好きなのか、カストロ前議長が好きなのかはちょっとわからないが、絶対そうは見えない感じの寡黙な店主がきっちりと仕上げる逸品。甘みがなくってちょい酸・しょっぱ・魚の味が北浦和で食べられるとは、いい時代になったものです。

ねぎ油そば+特製@彩流@浦和


















ねぎ油そば+特製@彩流@浦和(700+200円)

特製麺












「波華」から歩いていけるところにある「彩流」、浅草開化楼の最大のライバル(?)、三河屋製麺を使用している。今日はねぎ油そばを食べてみた。浅草開化楼(の細めん)がポクポクとした田舎娘としたら、三河屋製麺はむっちりとした都会の女性って感じ?よくわからんけど。この麺、つけでもウマイけど、ドロリとした油そばでもむっちり感が激増してウマイっす。

ガーリック醤油@上方屋五郎ヱ門@福島


















ガーリック醤油@上方屋五郎ヱ門@福島(780円)

チャーシュー麺












ところ変わって大阪。おでんを食べた後に寄った福島駅近くの「上方屋五郎ヱ門」にて限定メニューのガーリック醤油を。麺が衝撃的だ。こんな麺、ラーメン屋で食べたことがないぞ。よく「パスタのような麺」って表現をするけど、ここはカッペリーニそのままだ。このコシ、たまらない。ガーリック醤油なだけあって、和風ぺペロンチーノみたい。でもラーメン。不思議な夜だった。

辛つけ麺+味玉@つけめんや桜@大宮


















辛つけめん大盛+味玉@つけめん屋桜@大宮(850+100円)

つけ汁麺












大宮駅西口から鉄道博物館のほうへ歩いてゆくと行列してる「つけめん屋桜」。どろり濃厚魚介豚骨+極太麺という最近超はやりのスタイル。のりの上に魚粉が載ってるなんて、いかにもだ。近隣だと狼煙があるけど、こちらのほうがより甘いと思った。しかし麺のコシというか、まんま讃岐うどんですわ。噛むのにアゴが疲れて疲れて。

特製つけ麺中盛@つけめん屋蕾@大宮


















特製つけ麺中盛@つけめん屋蕾@大宮(950円)

つけ汁麺












大宮西口の予備校が密集してるへんに最近できた「つけめん屋蕾」。なんか似てると思ったら、前述の「桜」と系列店らしい…?「桜」と「蕾」ってコブクロですわ全く。「桜」に比べると席も多くて駅から近いので、ワタシ的にはこっちかなぁ。それにしても、スープ寸胴が見当たらない。雪平鍋でつけ汁を暖めているのは確認できるんだけど…。割りスープがポットから。それが残念だ。

そして、今月珠玉の一杯は…

汁なし坦々麺+味玉@麺や双六@戸田公園


















汁なし坦々麺+味玉@麺や双六@戸田公園(800+100円)

餃子ライスをイン












戸田公園の「麺や双六」にて汁なし坦々麺。どうよ?このビジュアルといわんばかりの美麗な赤・紅。まぜまぜして食べると辛さはそれほどでも…むぅ、この複雑な香辛料の香り。もっちりした麺はあっという間になくなってしまう。それだったらランチタイムサービスのライスをイン!で二度楽しめる。汁なし坦々麺ってうまいな。某閣下が中毒になってる渋谷の某店にも行ってみたくなった。

小麺ほんと少なめ@神保町


















小麺少なめ@神保町

そしておまけの神保町。麺をほんとに少なめにしてもらったけど、夜食べるんだったらこれで十分ですよって屋台のおじさんに言われそうだ。それにしても神保町はやっぱりウマイ!ってことで…。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/766

コメントする