2008年4月12日

祝復活! 羅麺家匠

以前浦和駅ガード下にあった匠。浦和駅拡張工事のあおりを受けて(なぜか)春日部に移転し、その後閉店。このままなくなってしまうのか…と思ってたら、なんと浦和に帰ってきたっ!しかも元のガード下店舗からワタシの家に近くなってる!(私事でスミマセン)ということで、早速行ってみた。

券売機
















店舗は前のやきとり屋さん(?)の居抜きなのだろう、非常に複雑なレイアウト。入ってすぐ券売機、左側に厨房と小上がり、右側にカウンター席となっている。某まいうー振付師にちょっと似てる(?)店主と、接客担当のきれいな奥さん(?)のコンビは相変わらず。員真ん中の壁というか空間(?)が気になる。メニューは旧浦和・春日部と変わらないようだ。いくら飯は…さすがにないかぁ。

リサイクルはしプラズマテレビ












ウッディーな店内の照明も落ち着いた感じ。カウンター席から背後のでっかいプラズマテレビを見ようとしたら、首がゴキッといわせてしまった。なかなかエクソシストのようにはいかないものだ。おっと、エコロジーなお箸は健在ですぞ。

匠らーめん+味たまご


















匠らーめん+味たまご(650+100円)

チャーシュー麺












基本の匠らーめん。カツオがふわっと香る。日本人に生まれてよかったなぁ。このとろみがついたスープが麺によく絡んでウマイ。でっかいチャーシューもトロトロ。味たまごもトロトロでトロトロ系なんだけど、コリコリした茎わかめがいいアクセントになってる。でも量が少ないので、一般的な男性だったら大盛りがおススメだと思う。

匠流つけ麺


















匠流つけ麺濃厚(650円)

チャーシュー麺












というわけで、つけ麺も食べてしまったwつけ麺はあっさりと濃厚が選べるけど、アブラの量ではなくて昆布ベースのとろみ増量かどうかの違いだ。しかしこのつけ麺の麺は相変わらずウマイなあ。固いわけでもなく柔らかいわけでもなく、非常に絶妙なモチプリ具合で個人的に100点をあげたいと思う。レモンを絞ってかけただけで麺サラダ風にしてもウマイし、ワサビをつけて麺刺身風にしてもウマイ。濃厚にした場合のドロンドロンのつけダレは、大盛だと麺に絡んでほとんどなくなってしまうので注意だ。

スープ割り












スープ割りにしてフィニッシュ。ごちそうさまでした。

行列












お店を出たらこんな行列になってた。近くの彩流ともっと近くの浦和大勝軒と、この辺が急に激戦区になってしまったようだ。浦和よ、もっと盛り上がれ!しかしなんで一瞬だけ春日部に行ったんだろう。まさか○き☆○たに便乗しようとして…ってなわけないか。

---営業情報
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-10-12
TEL:048-831-0403
11:00~14:30 17:00~21:00
日休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/783

コメント[4]

はじめまして。

私は浦和駅(西口)より5分圏内に住んでます。
まこぴさんとはご近所さんですかね?

「浦和よ、もっと盛り上がれ!」・・・同感です! 
まこぴさんの力で浦和に二郎作って下さい(笑)

>やっさんさま

おおー超ご近所さんですね!
今後ともよろしくお願いいたします~。

>まこぴさんの力で浦和に二郎作って下さい(笑)
ムリですw
でも、思い続ければ願いはかなうかも…(謎)

はじめまして。
いつもブログを楽しく拝見させていただいています。私も、匠の近所に住んでおり、まこぴさんとご近所であったことに感動しました。浦和はいいところですが、「二郎」がなくてつらい日々をおくっています。中山道沿いの最近閉店した黒潮ラーメン(正式な店名なんでしたっけ?)あとにできないものかと祈っています。

>しろろさま

こちらこそはじめまして!
そうなんですよ、浦和はいいところなんですが、
時折赤い服着た人が奇声をあげて…(嘘)

>黒潮ラーメン跡地
全く同感です。あそこに二郎が入ったら…
栃木街道店より広い、世界最大床面積の二郎誕生ですね。
行列対策も問題なさそうだし、どうでしょう?
とかw

コメントする