2008年5月 5日

継承 あっ晴れ

継承あっ晴れ0805












鳥取の後は地元に帰り、翌日に「継承あっ晴れ」へ行ってみた。パチンコ店の一角にあるというスタイルは一号店と同じ。ただ、大府市にあるこちらのほうは近くに「晴レル屋」なる似たような名前のラーメン店があるので注意だ。

店外の看板












ここの店主は、あっ晴れ1号店の店長を勤めたあと、ぽっぽっ屋で修行したらしい。店外には堂々と「浅草開化楼」とある。関東以外じゃ結構めずらしいと思う。セントレアも近いし、毎日浅草から空輸してくるのだろうか?メニューの隣には、店長(?)の堂々とした写真が、あたかも「あの」蘇民祭のポスターのごとくそびえたつ。

券売機
















店に入ると左手奥に券売機が。いろいろなメニューがあって迷ってしまうけど、前もって決めておいた「まぜそばストロング」を。カウンターのみ15席ほどの店内BGMは劇場版AIRのようなドンドコ太鼓オンリーの楽曲。六尺ふんどし…ではない男性店員2名。前の「ちぇりー亭」もそうだけど、なぜ二郎系では「男」を前面に出すのだろう。まあわからないでもないけど…スイーツ(笑)な二郎系も一度見てみたいものだ。ハッピースピリチュアルガーリックアドバイザー(笑)がプロデュース(笑)する、週末セレブ(笑)系デトックスヌードルショップ(笑)とか。何のことやら。

メニュー表メニュー裏












券売機ではよくわからなかったけど、テーブルの上にメニューがあったのでパシャリ。丼ものの気合の入った価格設定にちょっとビックリだ。なおまぜそばについて聞いてみたところ、まぜそば・まぜそばミドル・まぜそばストロングの比較級は、別に量が順番に多いわけでなく、具の違いらしい。まぜそばミドルは普通のまぜそばにチーズ・フライドガーリック入り、ストロングは鰹節入りにメンマ・ブタが増量とのこと。

トッピング表トッピング裏












無料トッピングの案内。思いっきり「マシマシ!」と言いたい向きにはうってつけの店だ。しかし「アリアリ」って一体…ブチャラティかっつうの。ニンニク好きな方は是非「ニンニクアリアリアリアリ、、アリーベデルチ!」と言ってみよう。そして「裏面もご覧下さい」とのことで見ると、200円で500gまで増量できるとのこと。小次郎ってどっかで聞いたような気もする。そういえば夜の部限定15食で「みそ二郎」なる食べ物も。

まぜそばストロング全増し


















まぜそばストロング全増し(1000円)

提供される直前、店員さんから「トッピングはどうしますか?」と聞かれる。「ニンニク入れますか?」ではないのがちょっと残念だ…トッピングコール段階では「全増し」にしても野菜は増量されない。券売機で「でら盛り(100円)」を買う必要がある。なんか「でら」っていかにも名古屋で面白い。

ブタ麺












うん、確かにぽっぽっ屋出身だ。開化楼の麺だから当たり前なんだけど、ぽっぽっ屋から甘みを抜いてカラメにしたような感じが結構好み。ブタが厚切りだったけどちょっと固め、しかしすぐほぐれて麺によく絡んでウマイ。絡むといえばチーズも絶妙。200gの麺があっという間になくなってしまった。個人的にはついに名古屋でこのレベルが食べられるまでになったか!としみじみ思う。ら・けグループはウマイんだけど、なんか違うし、撮影禁止だし…ってこれは関係ないか。それにしてもあっ晴れ、大満足だった。

アンケート+割引券












そういえばアンケート用紙を渡されたけど、「どちらからのご来店ですか?」に「ここを目当てで」ってのがなかったので、その他の項目に記入。無料券は5月31日までか…。

---営業情報
愛知県大府市横根町前田50-1
TEL:0562-47-8181
11:00~23:00
休なし

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/795

コメント[2]

どもです。
ロッキーですが、なんか微妙に店員構成が変わりました。GW中に行ったら開店当時のおやっさんから若い衆2人になってました。
あとロッキーでの撮影ですが、横の人が撮影していいですかと聞いてOKだったので、試しに私も聞いてみたらOKでした。

でわでわ。

>津久茂様
こちらこそどうもです。
なるほど、ロッキーは撮影OKですか!
ヒゲ氏の横槍が入らないうちに行ってみたいと思います。
今度はつけめんを食べてみよう…。

コメントする