2008年7月 8日

麺屋ZERO1 蒲田西口店

麺屋ZERO1蒲田西口












ちょうど近くまで来たので、新店の「麺屋ZERO1」へ。マックを扱ってそうな「ゼロワン」ではなく、「ゼロイチ」と読むらしい。公式HPを見ると”蒲田西口店”とあるので、これから多店舗展開してゆくのだろう。それにしてもバックに控えるものが…。ZERO1はさながら三田(=コンスタンティノープル)にジハードを仕掛けるハーリド・イブン=アル=ワリードってな存在か!(ウソ

麺屋ZERO1蒲田西口2












ちなみにお店の位置はこんな場所。線路を渡って東口のほうに行っちゃった「大」の跡地の隣にできた。なんという立地。その立地のせいもあってか、常に近くの学生とおぼしき男性が5人以上並んでたな。

券売機












「何名様ですか~?」の声に迎えられて入店。基本メニューは魚介豚骨の「武士系」と二郎系の「ガッツリ」の二種類、それぞれらーめん・つけ麺・汁なしがあって合計六種類。トッピングで節粉・フライドオニオン・桜えびなんかがあるあたりいかにもアレだ。食券を店員に渡すと「ニニク(は)イッテモイイデスカ~」とここでコール。ヤサイとかアブラがあるかどうか聞くの忘れた~ってそういうのは通じなさそうな外国籍の雰囲気の方だった。

卓上調味料












卓上調味料はこんな感じ。フォションのブラックペッパーがこの界隈では珍しい感じだ。そういえばここは浅草開化楼の麺を使用しているみたいだ。

ガッツリ汁なし麺ニンニク


















ガッツリ汁なし麺ニンニク(680円)

ブタ麺












さっそくまぜまぜして食べてみる。こっ…これは!激しょっぱー!!!確かに”汁なし”で看板に偽りはないんだけど、カエシだけしか存在してないのでは!マイルドな脂も感じられず、ひたすらこめかみのズキズキ感と戦う感じ。玉子の黄身がオアシスのような存在で、何とかこっくりとした感じが出てきた。開化楼の丸太麺はいつものコリコリした食感ではなく、ふわっとしてて柔らかめでかなり意外な食感。量は200gくらいかな。クーポン券ももらったし、まだ開店したばっかりで色々アレだと思うので、また行ってみたいと思う。

---営業情報
東京都大田区西蒲田7-4-8
TEL:03-3739-8216
11:00~28:00
無休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/824

コメントする