2008年8月13日

麺とび 六方

麺とび六方0808












実家に帰るついでというかツーリングというかで、内山峠→ビーナスライン→美ヶ原と通って松本まで。美ヶ原から松本に行く道って、バイクで通るといつ通っても緊張するなぁ…ということで、ほっとするついでに「麺とび 六方」まで。長野のラーメンシーンをリードする「凌駕」グループがプロデュースする二郎インスパイアらしい。こういった店はフツーは街道沿いにあるものだと思うんだけど、ちょっと入り組んだところにあるにも関わらず広い駐車場はほぼ満車だった。

券売機1券売機2












店に入ると「食券をお求め下さい~」との声に迎えられて券売機とご対面。一瞬券売機が喋ったのかと思ったけど、5人ほどの店員さんがハモってたせいもあるのだろう。暑かったので汁なし麺をチョイスしてみた。ブタWと限定ラーメン類は品切れ。その券売機の対面にはサントリーの自販機が。近くにある給水機との戦いは圧倒的にサントリーの負け。黒烏龍茶を飲みながら食す文化は長野ではまだまだ根付かないようだ。というか、長野の二郎系まで網羅するサントリーのマーケティング力って単純にスゴイと思う。

汁なし麺中


















汁なし麺中(ニンニク)(880円)

ブタ麺












ラーメン注文してた人には聞かれてた「ニンニク入れますか?」と聞かれなかったので、汁なし麺にはもれなくニンニクが入ってくるのだろう。しかしこれは…かなりの汁なし具合だっ!関内や一之江とは違う、「髭」の汁なしにソックリだと思う。確かにブタが馬場風のほぐしブタだったり、麺がゴチゴチした品川チックだったり、関内風のフライドオニオンだったりするけど、卵黄の半熟具合といい、ヤサイのシャキシャキ具合といい、そしてカエシのハードさといい、「髭」の汁なしそのものだと思う。まさか長野である意味こんな汁なしが味わえるとは思ってもいなかったのでちょっとビックリだ。隣の人が食べていたラーメンもかなりの具合。もうちょっと涼しくなったら再訪してみようっと。

---営業情報
長野県松本市大字芳川村井町205-30
TEL:0263-86-7864
11:30~15:30 17:30~21:00
木休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/842

コメント[2]

ども、お久しぶりです。
8月13日はビーナスラインとか美ヶ原近辺におられたようで。

私も蓼科~ビーナスライン~美ヶ原を家族をポロで乗せているのに爆走していました。もしかしたらニアミスしてたかも?

>津久茂さま

こちらこそお久しぶりです~。

そういえば、ポロは見かけなかったような?
こちらはのんびり走ってましたよ。
またツーリングというか温泉旅行行きたいですね。

コメントする