2008年11月 2日

麺家 喜多楽

MEGA盛コラボ
















ちょっとした用事で帰省。名古屋では、東海ウォーカー主催の「MEGA盛コラボ」なる企画、いわゆるアレ系のラーメンがやっているらしい。しかし、ら・けいこといい、あっ晴れといい、限定メニューといい、コレ系のラーメンってなんで名古屋近辺で流行ってるんだろう。大阪では「夢を語れ」くらいしかないのに…。さて、コラボ。この辺のいろんな所でやってるらしいけど、その中でも僻地じゃなくて行きやすいここへ。曰く、「二郎という食べ物をモチーフに、喜多楽のエッセンスでラーメンに仕上げました」とのこと。まあ言わんとするところはわからなくもないけど、そんなに二郎二郎言っていいのかどうか?今回は行けなかったけど、「まる二郎」なるものを出しているコラボ店もあるらしい…。

開店前に行ったら2人目。先頭の女性はいかにもラーメン店に並びそうもない方だったので、もしや…と思ったら案の定開店ギリギリに2人合流。店側が「お待ち合わせですか?」と肯定していたのでいいのだろう。個人的には…だけど。並んでる最中に注文を聞かれて「喜多郎カラメアブラハバネロニンニク」を。

店内












ジャズが流れる店内は「でび」を経営しているかと思わせるような店主と注文とりの女性、調理担当の若い男性の3人。カウンター席いっぱいとテーブル席2席だ。ちなみに前の3人はフツーのラーメン、私以降のほとんどすべてが「喜多郎」を注文していた。フツーのラーメンを作ってから喜多郎に取り掛かるので、ちょっと待たされて登場。

喜多郎カラメアブラハバネロニンニク


















喜多郎、カラメアブラハバネロニンニク(800円)

チャーシュー麺












スープ












確かに二郎というよりラーメンだ。というか、食べた感じは二郎をラーメンにしたというより「ラーメン○○店」をラーメンにしたように感じた。わけわからないか。オーション100%という麺、細くてチュルチュルしてる感じ。スープは醤油主体な感じで、アブラーとしてないのですっきり食べられる。ブタというかチャーシューはら・けいこみたいな歯ごたえもあり味も染みている感じでうまい。二郎と思って行くと肩透かしを食らうし、ラーメンだと思って食べるとちょっと違う、そんな??な感じだった。

店外












---営業情報
愛知県名古屋市中区橘1-28-6
TEL:052-332-5515
11:00~14:00 18:00~22:00
月休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/866

コメント[2]

店構えがぁゃιぃですね・・・w
丼の見た目は立派?な二郎系ですけれども、
ハバネロ!・・・(沈黙)
辛すぎませんでした?
野菜増し\144うpも??

>簿の人さま
お店、外装工事中らしく、こんな感じになってます。
ハンドブック片手にうろうろする人もいたりしました。
ハバネロは体がじんわりと暖まる程度の辛さで好印象でしたよ。

コメントする