2008年11月 3日

レッドクリフ

レッド・クリフ












皆さんご存知の三国志の「赤壁の戦い」の辺を映画化したこの作品、いつの間にかシネコン化してピカピカになってた新宿ピカデリーに見に行ってみた。冒頭からいきなり三国無双ばりの超人アクションシーンが連続するので、「さすが100億円!」と思ったらホモっぽいサービスシーンがあったり、(あらゆる意味で)興奮!と思ったら最後らへんのいかにも中国っぽいありえない展開があったりで非常に楽しめた。個人的に張飛の大声の設定がアレだったのでしょぼーんだったけど、三国志を知らない人でも2時間半もの大作を十二分に楽しめると思う。でもこれが2部作の前編って知らなかったので、ラストでヘソヘソになってしまった…。

しかし、なんでジョン・ウーって無駄にハトを出したがるんだろう?平和主義者なのか?

曹操は個人的に悪役じゃないやい!と思うので、★マイナスして
★★★★☆

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/868

コメント[2]

>しかし、なんでジョン・ウーって無駄にハトを出したがるんだろう?平和主義者なのか?

はい。監督自らがテレビの特集でそんな話ししてましたよ。
戦争映画だけど平和への願いも入ってるとか。。。

>[匿名]さま

情報ありがとうございます。
なるほど、白いハトは平和の象徴ですもんね~。
でも、この映画、右上に(○○○hits!)とか数字があったら何桁になるんでしょう…?

コメントする