2008年11月24日

さいきんたべためん

達者
















赤羽駅東口にひときわ輝くアヤシイ看板、最近ライトが増えたのか、一層カタギの店じゃないだろー感がアップしてる「達者」。そしてどう考えてもアレはいわゆる「つけ麺」じゃないよな~と思っていたら、なんと豚骨が始まっていた!すごく気になる…。と、まあコレは置いといて、溜まってる恒例のアレ、アレってみよう!

とりそば+味玉@大喜


















とりそば+味玉@大喜@湯島

鳥チャーシュー麺












本社が移転してしまうので、この辺に出張するのも最後。ということで、大喜に寄ってみた。初めて行ってみたけど、なんか大宮二郎みたいなロケーションで、男女の出入りが多い(謎)。それはさておき、ラーメンのほうは二郎とは対極にあるような、口に含んでしばらくすると旨みがじわじわっとあふれてくるスープがとっても美味しい。感動したのは麺!啜ってもよし、噛んでもよし。絹のような、ってこんな感じを言うんだろうなぁ…。

秋野菜の塩らーめん@むさし坊


















秋野菜の塩らーめん@むさし坊@武蔵浦和

麺塩こんぶ












最近なにかと騒がしい武蔵浦和、ここでも鳥のラーメンが食べられる。むさし坊、同僚(≠二郎食い)曰く、「二郎は三回食ったらうまさがわかったけど、ここは三回食ってもうまさがわからない」。確かにこの無化調ラーメン、霧の中を手探りで歩いているような、そんなぼやーっとした感じなんだけど、塩昆布を入れた瞬間にくっきりと澄み渡る晴れ空に!と、劇的に変化するので面白い。そんな自分は紛れもなく「グル」中毒だw。しかし、大根はラーメンに合わないような…。

天ぷらそば@みかど












天ぷらそば@みかど@池袋東口パルコ下

池袋東口パルコ下の「みかど」で天そばを。朝7時から焼きそばをモソモソ食べてるお姉さんがいたりとか、突っ伏してるオヤジとか、「駅中なんかナンボのもんじゃい!」的な、ここだけ取り残されたような、微妙なアンダーグラウンド感が面白い。天そば、味もレトロ感満載だw

もつ鍋@某店@池袋〆の麺












もつ鍋@某店@池袋

その池袋のもつ鍋の某店で〆の麺。もつがゴムゴムしててアレだったけど、ケミカルチックなスープがジャンクでうまい(笑)。もつじゃなくて野菜をダブルで追加してもりもり食べた後、〆の麺。ご飯も入れてグチャグチャにして食べてみたいなーとふと思った。しかし、ちょっと高かったな~。

胡麻あつもり中盛+味玉@○玉大勝軒


















胡麻あつもり中盛+味玉@○玉大勝軒@北浦和

グツグツ麺












最近急激にラーメン店が増殖し始めた北浦和に大勝軒が。またか~と思いつつ入ってみた。○玉って○一に引き続き、○二亡き後の○グループを大勝軒グループが継承したのだろうか?しかし店員多いな~カウンター1席につき1人くらいいるぞ。売りの「陶板つけ麺(特許出願中)」はなんのことはない、「セラミック入りま~す」との声とともにつけダレに熱した石が入れられることだ。しばらくグツグツ煮えたぎっており、器を手にもてないし最近流行の「エコ箸」でつるつる滑るから、必然的に犬食い状態に。大勝軒っぽくない黒っぽいゴワゴワ麺はいい感じだったけど…。

辛つけ@べんてん


















辛つけ@べんてん@高田馬場

つけダレ麺












というわけで、つけ麺に目覚めた原点のお店のべんてんへ。隣のスポーツウェアのいかにも食べられそうなお兄さんがうめーうめーとウヒウヒ言いながら「つけめん大」を食べてたけど、途中でパタリと箸が止まり、虚空を見上げること数度、普通盛りくらいの量を残して撃沈…。いけると思ったんだけどなあ。さて、ワタシのほうは辛つけ。最近の「いかにも」なドロドロつけだれとは一線を画す、濃厚なんだけどさらりとしたつけだれはズバババッと食べさせてくれる迫力に満ちている。ニンニクの効いた香ばしい辛味も相変わらず。ただ、麺がひやむぎみたいにヌメヌメ感が。店主麺上げ&お湯チェンジ直後だったんだけど、ラーメン頼む人が多くて微妙に茹で時間がかかったからなのかなぁ。

ビール@べんてん












でも、ビール(とおつまみ)は相変わらず最高!これからの季節、神田川を吹きすさぶ寒風に打たれた後のビールが旨いんだよね~。そしてコキーンと〆られたつけ麺をムシャムシャ食べて、最後の最後にスープ割りで暖まる、コレですよコレw

ラーメン麺少なめニンニク少し@神保町


















ラーメン麺少なめニンニク少し@二郎@神保町

ブタ麺












おっと、開店4周年おめでとうございます~の神保町を忘れてた!しっとりしたブタも、頬張る感じがたまらない麺も、アブラとカネシが両立したスープも、いつも安定した出来で大満足。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/874

コメントする