2008年12月16日

さいきんたべたもの

長谷寺

過ぎ去る秋を惜しみつつ...、というかもう冬なんですが。というわけで、ここ最近に飲み食いした内容を。ちなみに写真は鎌倉の長谷寺のライトアップだす。お堂にアルミ箔貼っちゃったり、境内を展示会場にしちゃったり、前衛的な寺だw

白レバー@一鶏@新橋鶏雑炊@一鶏@新橋

その長谷寺の帰りに東海道線でバビューンと新橋まで行って「一鶏」まで。コースメニュー主体のお店って、メニューを選ばなくって済むので会話が途切れることがなくってとても良いと思う。ただ、こちらの様子を逐次うかがってくれるという前提はあるんだけど。〆の雑炊がとってもイイ!見た目濃厚、でも食べてみると口の中がシャッキリする感じ。うーん、これだけ食べていたい。

レバ刺し@わかば@本所吾妻橋もつ焼き@わかば@本所吾妻橋

最近平日に飲み歩くようになって「廃人」の称号を譲渡してしまいたい某氏たちに釣れられて、本所吾妻橋の「もつ焼きわかば」まで。なんじゃこのレバ刺しの謎の網目わw焼きものもこのカリカリと香ばしい感じがたまらない...。絶対またいくぞ。

ビール&お通し@牧野@本所

「わかば」から次の目的地までフラフラと行く途中で某氏が発見して「ココ入ってみましょう」と有無を言わさず連れられてしまった、「牧野」。一見のお客さんはムリなんじゃないだろうか、この外観。これはディープすぎる...。でも案外初心者にも優しくって、お通しのチーズなんか微笑ましい。後から調べてみるとマグロが名物だとか。なんだかんだで食べられなくなる前にリベンジしよう。

豚牡蠣鍋@やまと@浅草橋豚牡蠣鍋のアップ@やまと@浅草橋

牧野の次にたどり着いたのは浅草橋「やまと」にて、今シーズン最初の鍋だw。このお店、なんともスゴスギル。土間土間よりも土間っぽい雰囲気もさることながら、2人前とは思えぬこの鍋のボリューム!通人は玉子納豆をタレ代わりに頂くらしいけど、私は納豆食べるか自決を選ぶかというくらいのアレなのでポン酢で頂くも、これはいいですな~。って、このお店の真骨頂は...。

サワー

「サワー」なるものを頼んでみたらこの有様。なんという大ジョッキ。というか、「氷入れないよね?」って初めての客にそれは違うんじゃwともあれ、また是非行ってみたいと思う。つうか是非。

ワイン@マゼラン@ディズニーシーお肉@マゼラン@東京ディズニーシー

ネズミの王国の大人バージョンのところに行ったときに食べたディナー。こっちのほうは実は生まれて初めて行ってみたけど、大手を振って酒が飲めてしまうので断然こっちのほうがいいな(笑)。マゼラン、予約して行ったのでワイン蔵みたいな奥まったところに案内されて、秘密の入り口(?)を探さないと入れない。探せなかったら一生入れないのだろうか...。ミッキーマウスの鍵がわかるだろうか。クリスマスシーズンの特別メニューとかで赤と緑の色合い云々説明されたけど、ショバ代込みのお味としては良かったのかもね?という内容だった。

ボジョレーヌーボー5L

もちろん、ボジョレーヌーボーも飲んどるわけで、こちらはパーティー用のなんと5Lパック(笑)フランジアとかそんな感じで段ボール箱にビニールバッグが入っており、そこからジャバジャバとあけて飲む。ヌーボー、こういう大量に買って大量に飲むのがあってるワインだと思う。うまかったよ。

カルビ@金竜山@白金高輪カルビ焼き焼きの図@金竜山@白金高輪

おっと、お肉も食べたな。常連の友人に招待されて行った、白金の金竜山。なんというカルビ...。やっぱり焼肉はこのアブラがたまらない。アブラとタレの焦げる香りが漂う中、口に含むと幸せがいっぱいに広がる。ホントうまかった。店の女将さんのキャラクターも絶品だった。

スウェーデンビール+ボジョレーヌーボー@IKEA@船橋IKEAのお食事@IKEA@船橋

恥ずかしながらはぢめて行ってみたシリーズ、シーに続いてIKEAだ。ズンズンと奥に進むにつれて宝物をゲットするような、なんだかダンジョンを探検する楽しみがあるね。これは面白い!そして休憩所もこんな感じで完備されてて。スウェーデン風ミートボール、この微妙にスパイシーな感じとジャムの甘さがミスマッチウマイ。しかもこれら主要の食材が売ってるところも心憎いなぁ。しかし!このスウェーデンビールはアレだw山岡士郎言うところの「金属製のスプーンを舌にくっつけたような」味、スーパードライの一億万倍スゴイぞ!結局、私はシュナップスをお土産に...。

喜多屋@赤羽角ハイ+韓国風イカ刺し@喜多屋@赤羽

なんやかんやで背伸びしてしまったような店に行ったあとだと、やっぱり赤羽が落ち着くのである。ここは最近できた「喜多屋」、ピンサ○街のど真ん中にあるので赤羽初心者は行くのが難しいと思う。立ち飲みの赤羽価格は「いこい」スタイルだけど、こっちのほうが明るくって入りやすいと思う。「いこい」ほどのディープさはないけど...。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/879

コメント[2]

このレヴァ刺しはかなり美味しそうですね。
これはぶたのレバ刺しかな?一時期は食べられなかったような気がするんですが最近は一般化しているのでしょうか。最もあるところにはあるんでしょうね。

>時鳥さま
レバ刺し、今まで食べた記憶の中でも、
究極の一品だったと思います。
ここは豚のレバ刺しですよね。
安くてうまくてホントいいところだと思います。

コメントする