2008年12月28日

さいきんたべた赤羽のめん

赤羽祭

皆さん、忘年会お疲れちゃ~んです。飲んだ後にはどーしてもラーメンを食べたくなる今日この頃、赤羽も魅力的なお店がドシドシオープンしまくってて、既存店もそれに釣られてドシドシ活性化。というわけで、最近食べた赤羽のラーメン、行ってみましょ。

重厚中華そば@大ふく屋

重厚中華そば@大ふく屋

チャーシュー麺

東口線路沿いにオープンした「大ふく屋」、ある人には「ゆうひ屋」のすぐ先と言えばわかるし、ある人には「米山」に行く道と言えばわかるだろうか。聞くところによると「せたが屋」系列とのこと、チェーン店となると一気に萎えるけど赤羽で選択肢が増えるのは嬉しい。煮干しをぎゅーっと濃縮させたエキスのようなドロドロスープ、ポクポクとした食感の良い細めんはどっかで食べたような気もするけど、赤羽では始めての味だと思う。店員さんも活気があっていい。

重厚つけそば全特盛@大ふく屋

重厚つけそば全特盛@大ふく屋

つけダレ麺

こちらは重厚つけそば。全特盛にすると1080円、赤羽価格ではない値段になってしまうので、フツーの重厚つけそば(780円)が良いかも。その名の通り"重厚中華そば"の"つけそば"版で、つけダレはラーメンよりさらにドロドロな仕様。極太ながらも非常にツルツルとしたのど越し&歯ごたえの麺を食べると同時に、つけダレがなくなってしまった。帰り道にネコに付きまとわれて困った、困った...。

赤羽

あ、大ふく屋は「赤羽」なる限定メニューをこれから展開するっぽい。「四季を感じる」って赤羽は一年中飲んだくれてるようなイメージが...一体どんなのになるんだろう。モツ焼きを載せるとか?いずれにせよ、"重厚"でないふつうの中華そばを食べにまた行ってみたい。

味噌ラーメン@ゆうひ屋

味噌ラーメン@ゆうひ屋

チャーシュー麺

ほぼ隣と言っていい場所に大ふく屋ができたせいか、ゆうひ屋も季節限定メニューで対抗。ピロピロっとした麺はとても美味しいけど、いかにもフツーの味噌ラーメンでゆうひ屋っぽい独特なシャープ感みたいなモノが薄れてしまっているように思える。味噌ラーメンってどこで食べてもハズレがない代わりに、個性を出すのが難しいのだろうか?値段も高い(950円)し、普通のラーメンで十分大ふく屋に対抗できると思う。

ラーメン@せい家

ラーメン@せい家

チャーシュー麺

アーケードをちょいと入ったところにできた、赤羽では珍しい家系の「せい家」。のりでライスを巻いて食べる伝統的なスタイルが赤羽でできると思わなかった。このご時勢でラーメン1杯500円ですよ全く。しっかりとしたラーメンらしいコシのあるこの麺、好きだなぁ。小ぶりながらもスモーキーなチャーシューも美味。夜遅くまでやってるし便利。

鰹つけ麺@達者

鰹つけ麺@達者

つけダレ麺

そして夜の部は「そば風つけ麺」をやめてとんこつ系になってしまった「達者」。昼の部みたいに窓口でおぼんを受け取るスタイルかと思ったら、2F席までお姉さんが持ってきてくれた。なんという重労働...。非常に申し訳なく思いながら食べてみると、まあいわゆる魚介豚骨つけ麺。魚粉が乗っかってるあたりどっかに似てるけど、これはここで食べるまでもないような。夜も「そば」食べたかった。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/890

コメントする