2009年1月23日

らーめん 大二郎

大二郎0901

今週もまた研修、帰りに噂の「らーめん 大二郎」に行ってみた。「チャーン!」ってそれは「大五郎」かっ!てそんなこと言ってられないほどの店名の極まり具合。この間行った「めんしろう」もギリギリ具合ではかなりのモノだと思うけど、これが現時点ではナンバーワン!に認定したい。

メニュー

前に通りがかったこともあるんだけど、その時は10人ほど並んでておったまげたような記憶もある。今日はさすがに店外ゼロ。メニューの張り紙のなんとも言えなさ具合がたまらない...。「チョモランマ 時価」!「侠(おとこ)盛り+300円」!

店内に入るといきなり眼鏡が曇って参ったけど、前が見えない中必死に券売機で食券を買って接客担当のお姉さんに渡してみる。ちなみに「味噌」も「侠盛り」も売り切れ。前もラーメン屋だったらしい店内はかなりのウッディー具合で、先客でほぼ満員。調理担当のお兄さんが「あっ!!!しまった~!!!(汗」って大声で叫んでるけど大丈夫か?

らーめん

らーめん(700円)

トッピングは食券提出時に申告するけど、仕事途中なのでニンニクはなし。周りの人は「野菜増し」って言ってる人が多かったけど、私は全然重要視しない(というかスープ薄くなるような気が?)なのでドノーマルで。どっかで見たようなというか、「大二郎」というか「家二郎」みたいなビジュアルだ。キャベツが四角い!

麺

麺を持ち上げてみると、アブラの香りがスゴイ。確かに液状アブラを多めなスープ表面を通過する麺が芳香を放っている。細めの麺も相まって、アブラマシマシの荻窪というか、アブラ多め・味薄めの新代田というか...。麺、角ばった麺はモチモチとしたフランチャイズつけ麺っぽい麺。味が薄いと感じたのか、卓上醤油ダレを入れてる人が多かった。

ブタ

対して、ブタはジューシーでしっとりした炊き具合。表面がカリッとしているような気がしたのは気のせいだと思うんだけど、これだったらぶた入りでもいいかも。アキバにはなかったこの手のお店だけに、その手のお客さんで混むんだろうなぁ...。

---営業情報
東京都千代田区外神田3-4-1
TEL:非公開
11:00~16:00
17:00~20:00
日11:00~17:00
無休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/901

コメント[2]

>「あっ!!!しまった~!!!(汗」
ってなんだったんでしょうね・・気になる(^^

僕も醤油ダレを入れて食べたクチです。
おいしかったですけどね。

>nextさま

遅レス、すいません!
あの叫びの後、私もすごいドキドキというか、
「何をしたんだろう?」って厨房を覗き込みそうになりました(笑)

インスパイア系って、なぜかアブラっけが強い系が多いと思うんですよね。
その影響か味が薄まるような気がします。

コメントする