2009年1月 3日

ラーメン荘 夢を語れ

清水の舞台

皆様あけましておめでとうございます。今年もこのつたないブログをよろしくお願いいたします。

さて、今年も京都まで初詣に。清水寺、京都のタクシーに乗ると必ずといっていいほどの富豪っぷりを聞かされるモノだけど、今日は清水寺じゃなくってその裏の地主神社まで行ってみた(写真は省略)。清水寺の拝観料を取られるのがなんだか釈然としないけど、地主神社はなんかテーマパークみたいでこれは面白いw

夢を語れ

というわけで、初詣とどっちが目的なのかよくわからないけど、清水寺からバスに乗って高野で降りてそこから歩いて夢を語れまで。「夢を語れ」、新年らしい言葉じゃないですか!というわけでもないんだろうが、なんと30人(ほどの)待ちだった。完全に京都の地に根付いているようだ。

券売機

並んでいると助手さんが出てきて「食券を先に買ってください~」とのことなので店内へ。今日は持ち帰り豚(1200円)も売ってるなぁと思って券売機を眺めたら、「夢を語れ」のテーマソングを歌っている高田リオン氏のCDも売っているではないかw1500円でラーメン1杯つき、お徳...なのか?

食券を買って列に戻ると進みが異様に速い。カップルや家族連れが多いのになぁ、この人たちはみんな夢を語リアンなのか?と思っていたらその理由の一端がつかめたような...。見込みで麺を茹でて回転を上げており、中にはカウンター上に放置プレイされているモノも数杯見られる。関内方式かっ!

ラーメン

ラーメン(650円)

高田リオン氏が「夢を語ろう~夢を語ろう~」と延々と繰り返す中、今日は相変わらず元気一杯の店主氏が自ら麺上げをしていた。

麺

麺は一見富士丸っぽく見えるけどもちもちっとしており、二郎と富士丸のあいのこのような食感でとっても美味。スープもきちっと豚+骨+甘+辛のバランスがとれていて、これも二郎と富士丸のいいとこどりのようで素晴らしい。

麺

豚はバラとウデが1枚ずつというか1ヶずつ、さらにほぐし豚が少々の構成。どれもしょっぱくない程度に味がしっかりと染みており、ホロホロととろけるような食感でウマイ。ただ、スープにアブラが多かったせいか、飽きが来るのが少々早い感じがした。今度行く時はアブラ少なめにしてみようかなってそんなこんなでしっかり完食。

---営業情報
京都府京都市左京区一乗寺西杉ノ宮町48-1
TEL:075-724-5995
11:00~15:00 18:00~24:00
(月・火夜のみ、日曜11:00~17:00)
無休

高野まで戻って二条までバスで行こうとしたら、途中の北大路バスターミナルで運転手さんがの~んびりと「このバスは車両故障によりここ止まりとなります~」とのいきなりのアナウンス。全然故障なんかしてないぞ!とか狐につままれたような釈然としないまま下車。これが幽霊バスってやつか?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/891

コメント[3]

こんにちわ。
このお店、テレビで何度か見たことがあるのですが、券売機の表記がかなり親切ですね!
これだったら誤解がないなあ。
美味しそうです。。

明けましておめでとうございます。

私もいつかは行きたい!と思ってるんですけど、なかなか関西方面には・・。
やはりウマそうですね。
「夢を語リアン」・・・うまいっ!

では今年もよろしくお願いします。

>nextさま
あけましておめでとうございます~。
このお店は至るところにこんな感じで丁寧に注意書きがあるんですよ。
でも「豚の量」はふつうのお店に比べると「普」じゃなくって「多」のようなw
かなりウマイと思います。京都行った際には是非。

>やっさんさま
あけましておめでとうございます~。
私は比較的行きやすいんですが、それでも気合入れないと行けないですからね…。
でもここの富士丸+二郎テイストな感じはたまらないと思います。
「高田リオン」氏だけに「夢を語りオン」だったりして。エヴァンゲリオンかよ!

コメントする