2009年2月 3日

べーそ

Theべーそ

戸隠を旅してる間、宗教のごとく「Theべーそ」なる旗がタレまくってた。Theべーそ?「お前のカアチャンTheべーそ!」の略でもなさそうなので、帰ってから調べてみたら、"戸隠弁で「べ~そ」とは戸隠弁で「調子に乗って大騒ぎをする」という意味で使います。とのこと。確かにこの土日は自分的にかなりのフェスティバルだったので、Theべーそ的な長野、行ってみようっ!

かいぜ@坂城

長野に侵入してまず最初に坂城ICで降りて、その近辺の「かいぜ」に行ってみた。おおぅ...なんというバーチャンち具合!絶対に飲食店には見えない外観、あぜ道を通って畑なのか庭なのかよくわらからない駐車場に停車して、恐る恐る威力偵察でGO!

メニュー

全く人の気配がしない玄関を開けて恐る恐る「ごめんください~」と言ってみたら「はい~」と返ってきたのでどうやらやっているようだ。畳敷きのなんだか落ち着かない店内は120%借りてきた猫状態。とりあえず壁にかかってるメニューは発見できた。ここは坂城近辺で古くから食べられてる「おしぼりうどん」のお店だ。

お茶請け

暖かいお茶とともに大根類2種、切り干し大根の煮物とタクアンが。お茶請けに良さそう...って見たマンマか。個人的に煮物系が好きなので、切り干し大根のこっくりした味は良かった。コレはお茶というよりご飯だよね!

わがままセット

わがままセット(1000円)

名物のおしぼりうどんも十割そばも食べたかったので、両方が半人前ずつ入ってる「わがままセット」を。まさにselfish geneだね!

うどん

早速うどんのほうを。冷たいと思っていたうどんは意外や以外、ほかほかと湯気をあげている状態。ゴッチリした歯ごたえは武蔵野うどんというか吉田うどんというか、それよりもなんだかオーションのうどんのような気がwコイツだけ単独で食べてもほのかな塩分が感じられるけど、それ以上のスゴイ暴力的な食味だ。

おしぼりと共に

そしておしぼりに漬けてみる。おしぼりとははここいら名産らしい「ねずみ大根」の絞り汁。おしぼりだけに雑巾の絞り汁では決してない!って見た目は豚骨スープみたいだけど、ウィーンとフードプロセッサーで処理されたおろしの「汁のみ」が入っている。猛烈に辛い!との話でビクビクもので恐る恐る食べ始めたら、それほどでもなかったので一気にズルズルっとヤったら参ったwコレは辛い~。鼻にツーンと抜ける具合ではワサビ以上ではないだろうか?

薬味

涙をふきふき、薬味を入れてみる。味噌を溶かしつつ溶かしつつ入れてみると...これまたビックリ!辛さは徐々に消え、最後には甘みと濃厚なコクしか残らない!うっはーこれは不思議だよ...。

そばそばつゆ

続いてコキーンと冷やされたそばを行ってみる。十割だけあって麺というより焼きビーフンみたいな感じだけど、香りはさすが。こっちはチマチマボソボソ食べる感じで、ちょい濃い目のつゆとの相性もいい感じだ。わがままなセットはおしぼりもつゆも両方ついてるから、そばをおしぼりで食べたり、うどんをつゆで食べたりして楽しんだ。今度はうどん1人前をしっかり食べて、そばを半人前で食べてみようかな。

おしぼりと共に

帰り際、おしぼりの原材料「ねずみ大根」が5本で200円だったので思わず買ってしまった。確かにしっぽがあるしねずみだコレ!摩り下ろして麺に絡めたりステーキに載せたりして食べてみたけど、あの強烈な辛味はどこに行ってしまったんだろう...やっぱり擦ったカスは除去しなきゃならないのかな?

提灯

---営業情報
長野県埴科郡坂城町中之条2366-3
TEL:0268-81-3595
11:30~14:00
月・火休

穴観音の湯

お次はおぶせ温泉"穴観音の湯"に行ってみた。ちょっと高台にあって、内湯からも外湯からも北信連峰が丸見え!逆に我々も外から丸見え!...のはずだったけど、さすがにこの荒天では。でも雲の切れ間に虹がかかってなかなかの眺めだった。それにしてもこのお湯、内湯は青白っぽくて外湯は緑っぽくて、なんとも不思議な色。その効能か、温泉から出ても1時間くらいポカポカだった。

うずら家

温泉でポカポカになった後は戸隠まで出張って超有名店「うずら家」に行ってみた。そういえば「ひよこ家」ってメイド居酒屋があったな~とかどうでもいいことを思いつつ。ハイシーズンはなんと3時間待ち!が当たり前らしいけど、さすがにすぐ入店できた。

戸隠中社とうずら家

ちなみにこのお店は戸隠中社の目の前という、超繁華街(?)に位置してる(右奥の提灯がわかるだろうか)。戸隠スキー場からも歩いて来れるので、スキーのお昼ご飯にここを...というお客さんがほぼ100%で、私たちのような物好きは居なかったw

メニュー

「ようこそいらしゃいました~」と給仕のお姉さんに案内されて眺めのいい二階席へ。ここの接客はほんとに気持ちが良かった。どうしても観光地の有名店ってちょっと勘違いしてるようなお店もある中、「ホスピタリティとはかくあるべし」みたいな感じでちょっと感激。おそばメニューも豊富、裏には酒肴もそろってますぜ。

野沢菜漬け

アツアツのお茶とともに、いかにもお茶請けに良さそうな野沢菜漬けが。これが激ウマ。歯ごたえ、香り、塩加減、なんともいえない素晴らしさだった。これでごはんが食べたい!

ざるそば

ざるそば(840円)

来ましたよ「ぼっち盛り」。戸隠の神様に供えるためにこういう盛り方らしいのだけど、一口では多すぎ、二口では少なめのなんとも絶妙な量。では早速。

そば

しっかり水が切られているにも関わらず、なんとも言えないこの表面のシズル感...プルンプルンだ。まずはセオリー通り何もつけずにチュルっと。ふーむ、この静かに湧き上がってくるなんとも言えない感じ。しみじみと頷いてしまう、ウマイ・うますぎる。

そばつゆ

そしてつゆにインして、一気にすすり上げる!そばを語るには100年早いと言われそうだが、歯ごたえ、香り、舌触り、余韻、すべてにおいてこれはウマイぞ~。と言いふらせるレベルだと思う。普通盛りだけあってあっと言う間に食べ終わってしまったけど、夜のことを考えてがまん...しかし、もう少し食べたかったぞ。大盛りざるそばを特大ざるに盛った「大権現盛り」もコレを見ている人にはおススメだと思う。

わさび

そしてワサビをジョリジョリ。ツーンとする中にも確かな清涼感。ここは調味料に砂糖が置いてあって、ワサビをするとき少しまぜると良いって教えてもらったけど、使わずじまい。今度やってみよう。

岩魚の焼き枯らしきのこの天ぷら盛り合わせ

サイドメニューに頼んだ岩魚の焼き枯らしときのこの天ぷら盛り合わせ。ああっ、外の雪を眺めながらお酒をクイっとやりたかった!それにしても暖かいお店で冷たいそばを食べるのって結構いいもんだな~。戸隠でそばというと手前の「よつかど」か奥の「そばの実」だったけど、ここは凄すぎる...混んでなければ、の話だけどw

---営業情報
長野県長野市戸隠3229
TEL:026-254-2219
10:30~16:00
水休(別途長期休業あり)

神告げ温泉

食べた後はスキー場近くの「神告げ温泉」まで。確かにうっそうとした雪林を見ながら入るお湯はイイ感じだけど、小さい湯船はスキー客でイモ洗い状態だったwツーリングマップルに載ってる温泉はほぼ間違いないというのが私の思い込みだったけど...。なんだか物足らないまんま、友人宅で宴会。

加賀井温泉露天風呂

そして翌日、もやもやしたまんまだったので朝風呂をと近くの松代温泉まで...って10時からじゃないすか!ということでその裏の加賀井温泉に行ってみた。なんという秘湯っぷり!湯守のおじさんの説明を聞いた後、ほとんど泥舟の湯船に浸かってみた。舐めてみると鉄っぽかったり、匂ってみると炭酸っぽかったり、これは効きそうだw2枚目の写真は混浴露天風呂、これに入るにはかなり勇気がいると思うが、次はチャレンジしてみたい。

戸倉観世温泉

そしてハシゴして戸倉観世温泉まで。戸倉上山田温泉はいろんな源泉があるというけど、ここのお湯はバス○リンみたいな緑色!源泉かけ流しの贅沢なお風呂を満喫する観光客ばっかり...かと思いきや、広々とした湯船に入ってる人はごくわずかでカランを使ってる人が大多数だった。

それにしても温泉に入りすぎたのか、なんだか体が重い...これが湯あたりというやつデスカ?まあ、一般的には食べすぎというやつでしょうなw

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/906

コメントする