2009年3月23日

晴れの国

鷲羽山

たまってる内容のうちから、先週行った岡山の記事などを。羽田は冷たい雨がしょぼしょぼと降っていたけど、さすが「晴れの国」というだけあって岡山は素晴らしい天気。写真は瀬戸大橋を一望できる「鷲羽山」からの眺め。来たかいがありましたな~。

王子が岳

その鷲羽山からちょっと東のほうに行ったところにある「王子が岳」に行ってみた。なんという日本のシェーラルボルテン!右下のおじさんが座っている岩の下は虚空なんですよ...ちょい高所恐怖症気味の私ではこの写真を撮るのが精一杯だった。なのにこのおじさん&おばさんときたら、岩に腰掛けて足をぶらぶらさせながら呑気にお弁当なんぞを...きゃん玉がキュッとw

日生新名物

そしてブルーラインという名の快適道路をバビューンと飛んで、日生(ひなせ)なるところに行ってみた。名前のごとくひなびた港町なんだけど(港の写真撮っておけばよかった)、最近カキのお好み焼き、通称「カキオコ」が有名らしい。

カキオコマップ

日生には10店以上のカキオコ店が点在して味を競い合っているとこのこと。そして注意事項としては、お店のおばちゃんは「おねえさん」を呼ばないといけないらしい。これが日生のルールだ。市場「五味の市」に車を停めて...。

カキフライソフト

っとその前に、五味の市といえば定番の、

カキフライソフト

カキフライソフト(笑)モリモリと盛られたソフトクリームの横にカキフライが2ヶぶっ刺さってる。上から掛けられているのはカラメルソースではなくて醤油!味はといえば、なんともミスマッチの極地というか、「別々に食べればいいのに」と冷ややかな目で言われそうな味だw

安良田

っと脱線してしまったが、五味の市から歩いて5分ほどで目的地の「安良田」に到着。中を覗いたら満席だったので外で30分ほど待ったが、一向に出てこないのでお店の"お姉さん"に「あとどれくらいで食べられますか~?」と聞いてみたら、「今いる人たちが出て行ったら食べられるわよ~」の言葉とともに、食べ終わってマッタリとしていた人たちがゾロゾロと出てきた。お姉さんGJ!というか最初から言えばよかった...。

メニュー

鉄板を囲むようなアリーナ席が8席ほどとテーブル席の小ぢんまりとした店内、メニューは至ってシンプルでカキオコにそば入りのカキモダン。そして一番下には謎の「おっぱい焼き」なるものが。おっぱい...それは男のロマン。早速注文してみた。

調理の様子

"お姉さん"により手早く炒められるおっぱい。あまりの手早さでおっぱいの正体がよくわからないが、どうも柔らかくてプニプニしたものが見える。ネギとともに手早く炒めて出来上がったコイツ。

おっぱい焼き

おっぱい焼き(600円)

ってカキ&ネギの醤油炒めですがなw期待させてすいません...。ホンモノのおっぱい焼きが食べたかったら赤羽の八起までどうぞ。
さて、なぜこれがおっぱい焼きかというと、カキ→海のミルク→母乳→おっぱいとまあなんともまあムリムリなこじつけ。でもぷりっぷりの超デカカキがなんとも言えず、しかもこの青ネギがまた良かった。

調理の様子

再度気を取り直して...キャベツの入った生地を焼きつつ、こんな赤ちゃんの握りこぶしみたいなカキを無造作に炒めて合体させて、「はい、エメラルド~」と言って青ねぎをドギャッとかけたり、「磯野家~」と言って魚粉と青海苔をぶっかけたりするお姉がなんともお茶目な感じでできたものは。

カキモダン

カキモダン(900円)

カキオコ

カキオコ(800円)

断面

お好み焼きってどこでどう食っても旨いモノだと思うけど、この「カキオコ」は飛びぬけて美味すぎる!生地のトロフワ感、カキのプリプリ感とネギ&焦げのカリシャクって感じがなんともいえぬ至福。これは旨い!ビール飲みたい!って今日はガマンだ...。

なんでも通人によると「ほり」というカキオコ店も旨いらしい。また来シーズン行ってみようかな。

夜の大原美術館

さて、場所を変えて倉敷。美観地区って高校の修学旅行以来だけど、こんなに狭かったかなぁ?夜来るのもいいモンですね。寒かったけど...。

三斎市

泊まったホテルが駅前だった&朝食を予約するのを忘れたので、朝早く起きてブラブラしてたらなんとこの日は倉敷の朝市がやる日だった。なんというタイミング&予約し忘れ!朝早く&倉敷なのに(失礼)、スゴイ人出だ。

千屋牛串焼き

腹減ってたので、朝市入り口脇の千屋牛の串焼き屋台でいきなり食べてしまった。扇風機を回しながら煙をあたり一面にバラ撒いてるなんてヒドイなぁ(笑)。千屋牛ってもちろん初めて食べたけど、松坂・近江・神戸牛のルーツと称しているのも頷ける「モウ声が出ない」状態だった。朝からこんなの食べられて、旅は幸せだなぁ。

人ごみ

朝市はアーケードの中でやっていて、ホント足の踏み場もないくらいの大混雑(朝7時なのに)だけど、人を掻き分け奥のほうに行くとこんな行列が。行列の先を確認すべく、奥の薬局のところを曲がると、

カレー

倉敷国際ホテルのカツカレーと倉敷アイビースクエアのステーキカレーの行列だった。いずれも倉敷を代表するホテルのカレーが500円で食べられるとあって人気だったみたいだけど、100食限定って最後の人は食べられたのだろうか。

倉敷バーガー倉敷バーガー作成

カレーを売ってるところは広場になってて、色々な地元名産の軽食が食べられるようになっていた。私はこの倉敷バーガーにチャレンジ。

倉敷バーガー

並ぶこと10分ほどでゲット。バンズは美観地区の白壁をイメージしたもの、地元のレンコンが入っているのがソレらしい。ふむふむ。

鴨方ラーメン

そして〆にはラーメンということで鴨方ラーメンを食べてみた。鴨方は手延べうどんで有名らしいけど、こちらの「手延べ」の文字が見事に隠されていて少々萎えたw

鴨方ラーメン

ちまちまとした発泡スチロールの器に入って供されたこれ、確かに手延べ麺じゃないようなチャンポン麺のような食感。でも、あっさりとした鶏がらベースのラーメンは久々に食べたので普通に旨かった。

れんこんマドレーヌ

デザートには倉敷商業高校の女子高生が売っていたれんこんマドレーヌを行ってみた。こういうのって弱いんだよねwあまり甘いものは食べないんだけど、それほど甘みは感じずしっとりふんわりと柔らかくてコーヒーとよく合ったなぁ。

ぶっかけ

倉敷駅前に戻ってこんな看板が。マル二じゃなくって倉敷はマルぶが名物なんだね。ぶっかけって響きはなんともいい感じだw

おみやげ調理例

んで、朝市でも売ってたので、おみやげで持ち帰って早速調理してみた。ぶっかけうどんって倉敷が発祥との一部情報もあるほど、実は岡山ってうどんが密かに有名らしい。冷凍麺を湯がき2分で完成。ふんわりとした麺と甘めのぶっかけダレが優しい味わいだった。

後楽園

あ、岡山といえば後楽園も行ったし、

裸の桃太郎像

しょんべん小僧バージョン(?)の桃太郎も見たし、

羊

フレンチも食べたけど、その話はまたいずれ...。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/920

コメント[3]

我が第二の故郷、広島(かあちゃんが広島なの)のとなりだ!!

僕もお好み焼き焼くのうまいんですよ。
広島のおじさんがお好み屋やってたときにバイトしてたんです。
一日400枚焼いたことも(えへん)

そいえば、広島に久々にいったときに
『焼肉、ラーメン、すし、全品500円』って店にいきました。
バブル崩壊から5年くらいだったかなあ。

ラーメン頼んだら具無しラーメン(濃厚旨とんこつ)渡されて、
「好きなだけ入れてください」と指差された先には具のケース。
トロトロチャーシューをてっさをさらうごとく20枚ほどワシ掴み。
大好きなメンマと半熟卵で二郎の野菜部分を形成しました。

「今、不況じゃけえのお。こんくらいやらんと人こんのだわぁ」と親父。

次の日呑みにいったときにお好み焼きたのんだら、誇張無しに
『マンホールサイズ!!』
ひっくりかえすのに特殊器具(大きな塵取りみたいなの)使ってました。
おまけに、親父「これ入れると普通のブタより旨いよ」とチャーシューと
ボウルいっぱいの生牡蠣(仕入れ800円相当。でも500円。笑)。

凄まじいサービスでしたが、親父、時間あればうちのテーブルにきて
日本酒たかって(可愛いことに無言で湯のみ持って正座しているだけ)
ました。

でっかいタラバ丸ごと二つとか船盛りとか山ほど頼んで、7千円位。
いい店だったなあ・・・・。

おぉ、我が第二の故郷岡山w

どこのフレンチにいったのですかね?

そしてもちろんダントツラーメンでラーメンと汁なしの連食ですよね?w

>よしいさま

なんという広島…
お好み焼きといえば広島ですが、
岡山(というかほとんど兵庫ですが)の日生、
こちらも凄かったですよ!
ってかお好み村も体験してない私…。
今度広島を教えてくださいな。

>コンタクトさま

フレンチは大原美術館の裏の「プルミエ」というところに行ってきました。
値段もリーズナブルでワインもいっぱいあって良かったですよ。
ダントツラーメン…今回は諸事情により行けなかったので、次回は是非。

というか、ブログ更新はまだですか?(笑)

コメントする