2009年4月 5日

らーめん 松信

松信0904

今日は千葉の奥地のほうに遠征。行徳のあたりからはるばる佐倉まで移転した「松信」、移転前も含めて実は初めて行ってみたのだけど、開店前にも関わらず15人以上の行列!開店時には25人ほどになっていた。これがアド街ック効果なのか?!アレ系インスパイアでこれだけの行列は初めて見たような。
お店は現代風(?)の民家の1階部分にあって、「ラーメン屋をテナントに貸すなんてどんな家なんだろう?」と思って表札を見たら、思わず納得。

券売機

店内はカウンター6席のみとかなり小ぢんまりとした感じ。駐車場についての張り紙が至るところに貼ってある。隣の駐車場は和菓子屋さんの駐車場なんだけど、和菓子屋さんには誰もお客さんはおらず、そのくせ駐車場が満杯だったような...。
ともかく、狭いので「店内待ちは4人まで」ともある。確かにこの感じだったら背後霊どころかすし詰め状態になるような。券売機は「麺半分」と「麺少なめ」が分かれてるのが斬新。

券売機券売機

店の方は店主さんらしき若い男性の1人だけ。1人で目の行き届く範囲が6人ってことなんだろうなぁ。でもお客さんのほうは老若男女入り乱れつつ連席希望グループ客などで、並んでからありつくまでに1時間ちょっとかかってしまった。

らーめんニンニク

らーめんニンニク(600円)

店主さんから「ニンニク入れますか?」と聞かれてコレが。「やさい増し」が100円追加なのでこんな感じだけど、無料だからと言って「ヤサイマシマシマ...」とかやる無法者が居なくなるのはいいことだと思う。あれはあくまで好意なので、ってとにかく食べてみよう。

麺

......おおっ!これはウマイぞ!私が食べたアレ系インスパイアの中でも三本の指に入るというか、ほぼトップクラスの出来。「ラーメン二郎佐倉店」と言ってもウソじゃないと思う。インスパイア系ってスープが醤油+脂だったり、麺が変に硬かったりするんだけど、しっかりとブタの出たスープ(カネシグリーンラベル使用)とむっちりしっとりした「固い」じゃなくて「コシのある」自家製平打ち太麺はスゴイ。

ブタ

ブタはバラ肉で一見脂が多いように見えるけど、スープでとろけてしまうブツではなくてしっとりと最後まで質感が残るもの。今度は「チャーシューメン」にしてみよう。
いやー佐倉でこんなレベルのものが食べられるとは思っていなかった。行列はテレビの効果じゃなくってホンモノだと思う。今は亡き「ガンジーラーメン」に代わる佐倉の星として輝き続けて欲しいと思う。

---営業情報
千葉県佐倉市鏑木町491-1
TEL:非公開
12:00~14:00 18:00~麺切れまで(19時頃)
火・水休

川村記念美術館

ということで、佐倉といえば川村記念美術館、今絶賛公開中のマーク・ロスコ展を見に行った。ロスコの「シーグラム絵画」専用部屋、こことロンドンにしかないんだけど、そのロンドンのを全部持ってきちゃって大部屋で一堂に会したんだからコレはスゴイ。荘厳な中にも暖かく包まれるような感じがなんとも言えないなぁ。
この絵だけを一つ部屋に展示したい執念が感じられる書簡集なんかも展示してあって、その後の謎の自殺のエピソードも相まって色々と考えさせられる展示会だった。

とり

まあ、展示会はほとんど独り占めだったんだけど、このトリどもの人気ぶりといったら!美術館周りの桜池&自然散策路もほぼ満開だった。しかし、美術館に入る人と桜を見る人が1:100くらいでw

成田さくらの山公園

佐倉で桜を見たあと、ちょっと足を伸ばして成田空港の隣のさくらの山公園まで行ってみた。思ったほど近くに飛行機が見えなくて残念だったけど、やっぱり飛行機の離発着はどれだけ見てもあきないなぁ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/927

コメントする