2009年4月20日

ラーメン二郎 大宮店

大宮0904

なんと大宮でつけ麺が始まったとの情報がっ!イベントor限定メニューを除くと、通常メニューでつけ麺を出す二郎は相模大野以来ではないだろうか。なのでにわかには信じがたかったけど、券売機を見ると本当にあったwメルマガで告知とかあったんだろうか?

7時ちょっと前に到着してみると5人待ちで想定の範囲内。食べ終わって出たら夕月方面へ十数人の行列ができていて新都心方面へ並びなおされていたので、やっぱり6時台はねらい目だと思う。行列に並ぶ前に食券を買って並び、「1名様!中でお待ちください!!!」と助手さんに促されて店内へ。今日の店員はオシャレな服で昨日の千住大橋に来ていた店主と、前もいた若い男性助手。「トッピングどうしますか!!!」「食券見せてください!!!」と結構強めの口調。

つけ麺の食券を出すと、黒い小さな器にすりおろし玉ねぎと魚粉(?)二種を入れて、スープを注いで麺を茹で上げる前に店主氏から「つけだれです~」と供された。通常のラーメンを作り、最後につけ麺用の麺を上げてざるで冷やし、助手氏から「トッピングどうしますか!!!」でコールタイム。つけだれが出されてから麺&ヤサイ&具の丼が出されるまで約4分半、京成大久保方式だ。

つけ麺ヤサイニンニク

つけ麺ヤサイニンニク(750円)

つけだれの器が小さいので対比で多そうな感じだけど、麺だけで実際結構なボリューム。「ミニラーメン」ができたのも頷ける感じだ。店主がいた高田馬場はかなり昔に「夏☆馬場二郎」って猛烈にヘンな名前のつけ麺をやってたけど、アレは記憶に頼ると猛烈に甘かったので、これはどうか...。

麺&つけだれ

麺をすくってつけだれにドボリとやってみると...なんとも表現しがたいけど、「シャリアピンソースに麺を入れたような?」ってな感じだった。なんとなくハンバーグっぽい。すりおろしの玉ねぎで結構味が支配されてる感じだけど、他にない感じでかなりウマイ。砂糖じゃなくって良かった。ただ、つけだれがあらかじめ冷め気味(前述)だったのと、麺が柔らかいというのではなくてちょいブヨ系だった。

ブタ"

ブタは見たまんまの出来。つけだれの熱容量が小さいので、スープに浸してウマーとはいかずちょっと残念。ただし...。

スープ割り"

つけ麺にはスープ割りという必殺技があるっ!できるかどうか恐る恐る聞いてみたら快くやってくれた。暖かいスープ割りを飲んでもやっぱりハンバーグっぽい。うーむ...。

GW営業情報"

---営業情報
埼玉県さいたま市大宮区下町1-25
TEL:不明
17:00~23:00
日12:00~16:00
火・祝休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/933

コメント[4]

つけ麺をレギュラーで提供している二郎って結構あるんじゃないですか?
自分が知っているだけで「八王子野猿街道店2」「めじろ台法政大学前店」
「歌舞伎町店」「新宿小滝橋通り店」「新小金井街道店」「府中店」
「荻窪店」なんかがありますよ。それに「高田馬場店」でも昔は出して
いたので、大宮店もその流れなんじゃないかな?なんて勝手に
想像しちゃいますが。

>通りすがりさま

移転再開した府中&野猿を除くと、相模大野以降に開店した二郎では
レギュラーメニューでつけ麺を出している所はないってことです。
誤解を招くような表現をしてしまいました。スイマセン。

本文中でも書きましたが、高田馬場は「早稲田の盛り」やら「夏☆(ry」やら、
へんてこメニューがあったのでその流れをくんでいるのしょうか?
選択肢が増えるのはいいことだと思いますが、個人的にはラーメンのほうをもうちょっと…。

大宮の店主は高田馬場にいた人ですよね?

>匿名さま
本文中でも書きましたが、高田馬場出身です。
以外としょぼくてすぐ終わっちゃった新メニュー「早稲田の盛り」ならぬ「氷川神社の盛り」なんか出してくれませんかね?

コメントする