2009年4月18日

ラーメン二郎 松戸駅前店

松戸0904

久々の松戸、未食の味噌を食べに行ってみた。というか近隣の千住大橋駅前店が明日オープンだけに、どんな感じかと偵察がでら...。千住は徒歩30秒だけどこちらは徒歩五分、デンデン行くとほぼ開店時で20人以上!でも文庫本を読みながら並んでる間、後ろのラオタチックな人の会話がミョーに気になってw「ここのお店は女性店員さんに気をつけきゃいけないってネットに書いてあったんだぜ~」「二郎ってここが本店なんだぜ~」「松戸は、"ウサギニ↑ツノ↓"って書いてある店が旨いらしいんだぜ~」って...さすがの松戸クオリティ。とにかく平静な顔を装いつつ心の中で大爆笑するのに必死だった。

券売機

とにかく笑いをこらえるのに必死で、涙目でやっと券売機まで。おおっと、今でも味噌やってるぞ。季節限定メニューかと思っただけに正直うれしい。ちなみにダブルは売り切れで、ガン見すると意喚起されるので券売機前から早速離脱。今日の助手さんはマツコデラックスって圧倒的な感じというよりただのマツコって感じで、終始にこやかだった。食券を出すとマツコさんから「ニンニク入れますか?」なので、味噌ってことで「ニンニクでお願いします」のみ。


味噌ラーメンニンニク(750円)

普通のラーメンと違い、アイスクリームをすくうドラえもんの手チックな謎の道具で味噌をポーンと丼に放り、スープを入れて麺を入れて(ryで最後にレードルで一回しかけられて供されたこいつ。どれどれ...。


うっはー、結構ドロドロなスープだぞ。アブラと味噌が相まって超高粘度、二郎の中で最高なんじゃないだろうか。でもチキソ性はさほどでもなくて、麺との絡みはそれほどでもない。麺を箸でかきまぜてワイゼンベルグ効果の検証をしつつ、頬張ってみるとしっかりとしたあわせ味噌の風味。ショウガがガッツリ効いていてかなりインパクトある感じでウマい。最後にかけられたのはラー油だろうか。どの要素も自己主張バリバリでプリプリ麺との相性は最高!


ブタは箸でつかむとホロホロとくずれるミクロ構造。ガッツリと混ぜまくってスバババッと美味しく完食。でも食後回想してみれば、「これは最高に美味しい味噌ラーメンだよなぁ」って感じで二郎感はイマイチ。キャベツが全くなくってもやしだけなのも、味噌ラーメンクオリティを高めている。ガッツリとカネシのシャープ感を次回は味わってみたい。

---営業情報
千葉県松戸市本町17-21
TEL:非公開
11:30~15:00 18:00~21:00
月・祝休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/934

コメントする