2009年5月 8日

自家製極太筋肉麺 男は黙って前を行け!

男前0905

岐阜に戻った今日、名古屋のほうまで出かける時間もなかったので関の「あっ晴れ」か岐阜の「男前」かどっちにしようか迷ったけど、あっ晴れは"要するにぽっぽっ屋"なので男前をチョイスしてみた。しかしこの日は暑かった...。これから二郎喰いにとっては悲惨な季節がやってきますな。

メニュー新メニュー

店員は故橋本真也に似た店長と男性店員2名の合計3名。そのほかにお母さんらしき人もチラホラと出入りしていた。結構メディアに露出しているはずなのに先客0名・後客2名でこの陣容はかなりサービス過剰な感じもする。前金で代金を支払って店内を見ると、新メニューの「つけ麺」と「冷し汁なし」の案内が。夜の部だけなんだよな~是非チャレンジしてみたいけど、個人的には時間の都合で難しそう...。

豚ハーフ300ニンニク少し

豚ハーフ300ニンニク少し(900円)

岐阜ではかなり強気と思われる価格設定は相変わらずだと思う。ビジュアル的には結構面白いんだけど、野菜を斜めに持って豚を一枚ずつ斜面状に盛り付けてゆくので、提供には結構時間がかかる。それにしても汁なしみたいなスープの少なさだ。

麺

以前食べたときは"筋肉麺"と呼ぶにふさわしい力強い歯ごたえ、でも決してキャラメルではない食感だったけど、今回は完全に袋うどんだw季節がらなのか配合を変えたのかわからないけど、これはただの油ギトギトのうどんのような...。

豚

いつも釣られて豚ハーフを頼んじゃうんだけど、相変わらずのラ王に入ってるチャーシュー状態の豚だ。繊維がちでタテにほぐれて麺に絡むといえば絡むんだけど...。やっぱりここは個人的には汁なしがいいと思った。今日はたまたまだと思うので、また行って見たいと思う。

---営業情報
岐阜県岐阜市北鶉1-60-1
TEL:(携帯につき不掲載)
11:00~14:00 18:30~21:00
日祝休み
公式サイト

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/939

コメント[1]

感じが悪い。衛生的にもアウト、注文すらまともに聞けない店員。ニンニク入れますか?と聞いてきたから「いらん」と答えたのに入れてきたし・・・
おかげで仕事に支障が出て最悪でした。客がいても業務に関係のない電話を客の前でする店主らしき人。客の出入り口で地面に座ってタバコを吸ってる店員、そのまま手も洗わず調理してるし客商売としては最悪です。とにかく汚い
おまけに料金が高い!!味が濃いのが好きな人はいいかもしれませんが塩分が多いのでカラダに確実に悪いです。腎臓とか悪い人はオススメしません。

コメントする