2009年5月30日

ラーメンShow in Tokyo 2009

謎のオブジェと謎の人

東京初!だと思われるラーメンイベント、六厘舎×頑者!佐野JAPAN!ってこっちに住んでればいつでも食べられるのでフーンって感じだけど、

ni.co(にっこう)×ラーメン荘 夢を語れ×麺屋風火

なんとこれは!食べに行かねば!ということで、ワタシの地元は謎のうなぎ祭りで盛り上がってる中、駒沢が地元のotaqeさんを誘って行ってみた。先週も会った気がするけど、地元ということで色々案内していただいて、挙句の果てにはこんなポーズまで取ってくださってありがとうございます。

食券

到着時は券売機もお店のほうもそんなに並んでなくって、意外とこんなものかなって佐野氏や飯野氏が所在なさげにプラプラするのを横目に食券をゲット。
こういう連食を前提としたイベントで750円って結構高めだな~って思ったら、見た感じ各店ともかなりの量で3枚買った食券を持て余してしまった。公式関係では「何杯でもお召し上がりください~」ってあったような気がするけど、一般人ではあの量はきついんじゃないだろうか。それとも超ハイレベルなラオタ前提のイベントなのか?

ni.co(にっこう)×ラーメン荘 夢を語れ×麺屋風火

そしてお目当てのブースまで。10人ほどの並びで待ち時間は10分ほど。他のお店がシーンとしてる中、ここだけは異様にハイテンションでこちらが恥ずかしくなるほど。「ハイ!あと1分で麺上がります~ハイハイハイハイ!」って手拍子を強要されたのには正直マイッタ(笑)
「ネットにも○ちゃんにもドシドシ上げちゃってくださいね~」との言葉に甘えて西岡店主を激写するも、こんな感じでスンマセン。というか、前面に思いっきり「夢を語れ」が出ていてその他2店はどこ行っちゃったのだろうか。

ラーメンヤサイニンニクアブラ

ラーメンヤサイニンニクアブラ(750円)

「ストーップって言ってくださいね~」って言いながらドシドシ野菜を盛る西岡店主、やっぱりこういうイベントでホント楽しそう。ワタシはテキトーなところで切り上げてもらったけど、持ち運べないくらいヤサイ盛られて店頭で仕方なく食べてるプレイな方も。
飲食スペースまでなんとか持ち帰って、早速食べてみましょう。

麺

食べてみると、味は塩メインの鶏ダシ+軽く魚介系?な感じで、当たり前のことながら夢を語れとは全く異なるもの。 でも麺は茹で時間短めながらそれっぽい感じが出ていて、イベント専用でかなり苦心した感じを伺えるような感じ。荻窪の塩は「二郎っぽいタンメン」だったけど、こちらは「塩ラーメンの二郎」って違いがわかるようなわからないような?でもしっかりとルーツを感じさせる味で、かなり旨かった。

ブタ

トロトロのブタはこんな感じのブツが1枚半ほど。それにしても、この鶴見より目黒より多めの量は、会場内ではナンバーワンの存在感だったと思う。
塩の二郎ってあんまり旨いというか「カネシあっての」感を改めて増幅させるような気がしてたけど、これはかなりの完成度だった。

無鉄砲

で、どうしても食べたくって次に行ってみた無鉄砲。大阪本店で食べた味が忘れられないので...。他は東京住んでたら食べられるのでどうでもいいんですが。("いろは"なんかベビースターですら出てる)でも、こいつは「無鉄砲+天下一品÷2」みたいなぼやけた感じ。 なんだか無鉄砲の衝撃的なほどの豚骨エキスのエッジさがないんですよ...。 天下一品のまったり感チックなものが前面に出てて、ちょいとアレ。 ああ、また大阪行って食べてみたい。

その後、男爵閣下アブラの国の王子様と合流して某所でワインを飲みながらワイワイと。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/946

コメントする