2009年6月 7日

ラーメン二郎 池袋東口店

池袋0906

今日は守谷の開店日だけど、かなりの諸事情につき行けず...。二郎的にはかなりのアンダードッグだけど、個人的にはかなり大満足の用件をこなした後、「冷やし中華はじめました」ならぬ「つけ麺はじめました」の池袋に行ってみた。こんな日でも絶対やってる安心感!
もう既におやつ時だというのに、カップルや母娘("しまい"と読むらしい)で25人くらいの行列でかなりorz...。そういうお店に行ってなさいと小一時間(ryちなみに隣のお店は空隙率70%(目視)だった。

店員は細マッチョな4人組、黒タオルでオデコを隠した麺上げの須藤元気氏は、鉢金を巻いた戦国時代の雑兵からレベルアップしてて戦国BASARAみたいな髪型になってた。麺上げ担当の余裕か?それにしても店内のマシマシ率の高いこと。

しかし、なぜ行列をムリムリ店内に入れ込もうとするのかな?隣のお店から「行列を作らないように」って何かカルテルみたいなものを結んでるのか?非常に暑苦しくってカウンター手前2席の人も食べづらそうだ。

毎回思うんだけど、あの2席に当たらないといいな~と思ってたらマーフィーの法則のごとくちょうど空いて、「そちらの席にどうぞ~」と促されると同時に空いた奥のほうの席に「そっち行ってもいいっすか?」で危うくセーフ。あの席は絶対いやだw見世物じゃないんだし、手前(お誕生席)に2席置けばカモフラージュにもなるし席数も増えるのにな~といつも思う。

つけ麺ヤサイニンニク

つけ麺ヤサイニンニク(800円)

席につく前に接客担当の細マッチョ氏から「トッピングどうしますか?」と聞かれて一瞬あせったこいつ。着席と同時に出されたけど、なんだか5分くらい前にチャッチャとざるを振る音がしたような...。プレイの後の品かもというある種の疑惑は残る(笑)
去年はなかったつけ麺、今年は海苔があって隣のお店チック。ヤサイとニンニクは麺の上に乗ってる。ちなみに見た感じでつけ麺食べてる人は約14%だった。さて、今年のつけ麺はどうかな~。

麺

猫でも大丈夫な温度のつけダレにどぶりと麺を浸して...今年のは甘みが強くて、というかかなり強くて、というかメチャメチャ強くて、隣のお店よりもスゴイ感じだ。酢はかな~り抑えられていて、なんか甘口の焼肉のタレに浸しているみたいな感じのような気がした。相変わらずのチャンポン麺だけど、これはかなり固めの茹で上がりで、さらに「固めで」って言ってる人は全く恐れ入りますです。

ブタ

つけダレにはブタとメンマが。ナルトも入ってないし、酸っぱさ+カネシのバランスも加えれば個人的には姉妹店(?)の歌舞伎町のほうが好み。でもガッチリしながらほんのすこし柔らかめのブツが4ヶ入ったヴタは結構よさげだった。

スープ割りも可能だったが、以前の蕎麦湯入れみたいなので供されるのではなく、お椀に直接スープというかO/W型のエマルションみたいな感じのものが入ってくる。並びも含めて、やっぱり歌舞伎町かなぁ。

---営業情報
東京都豊島区南池袋2-27-17
TEL:03-3980-0210
11:30~23:00
月休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/949

コメント[2]

ダイエット中のおいらは摂取カロリーの内容を非常に吟味するためにこの先10年は(ry

>よしいさま
返信遅れてすいませんm(_ _)m
確かにここで貴重なカロリーを摂取してしまうのはアレですよね。
それにしても、池袋、なんで並んでるんでしょうか?
予備校に近いからでしょうか?場所がいいからでしょうか?

コメントする