2009年6月20日

ラーメン二郎 茨城守谷店

守谷0906

今日は久々のオフ。朝一の用事をこなしてから、新規オープン時に行けなかった守谷までスクーターでトコトコ行ってみた。しかし遠いなぁ・・・「にかいやに行ってしまおうか」とか「黄色い看板だっ!(ラーメン横綱だった)」とか、マッサージチェアみたいな椅子をつけた遅くてうるさいバイク軍団に囲まれたりとか、何度も心が折れそうになりながら利根川を越えてようやく到着。

店外待ちが25人ほどだったので、これは早めに食べられるな・・・と期待してたら、店内にも13席ほどのウェイティングシートがorzでも、以外と時間はかからず1時間強で着席。土地柄なのか、開いた席に順次座らせるのではなくて、連席希望の人にも「もうすぐご案内しますので~」と対応していた。かなり広めの店内(給水機も2つ!)はカウンター席15席。

券売機1券売機2

券売機はこんなアジアンちっくな感じw少なめは小と値段が同じだけど、コーンのトッピングがされていたようだ。黄色い丼が珍しい。それにしても新規オープンのくせにやたらと年季が入った券売機だな~と思ったら、どっかで見たような・・・
いがぐり頭の店主氏はにこやかにギャグなど飛ばしながら、女性店員と和気藹々とやっている。とても新規オープンのお店とは思えない感じ。ちなみに今日の店員は店主・女性助手2人・男性助手1人。

小ラーメン豚入りヤサイニンニク

小ラーメン豚入りヤサイニンニク(750円)

前の5人組が連席希望だったが、席が6つほど開いても案内されずかなりドキドキハラハラしたけど、なんとかギリギリ開いてセーフ。着席と同時に「ニンニク入れますか?」でこいつが。うおーなんか緑緑して三田っぽいビジュアルwこれは旨そうだ。

麺

一口食べて思ったこと、それは先人の言葉を借りて言うなら

「なじむ、実に!なじむぞ!フハハハハ!」

ってな感じだ。長らく二郎を食べてなかったので飢えてたというのもあるけど、これは旨ああーい!豚出まくりのちょいカラスープを吸った(スープを吸ったというのはこういうことだろう)、しっかり茹でられた麺が実によく馴染む感じだ。

豚

ブタは巻いてあるものをわざと崩したような感じで、これは店主の出身故か?wでも、これも大きめにザクザク切ったキャベツ主体のヤサイとの相性がベストマッチ。ブタだけ食べると一体感というかグルーヴ感が損なわれがちなんだけど、ここの一体感はなんとも絶妙だった。

アブーラ

そしてこんなデローンとしたモスラみたいなブツも、しっかりとカネシに染まっている。マニアにはたまらないブツだろうけど、私はちょっと勘弁かなw

スープ

そしてスープ。骨という感じでも乳化という感じでもなく、ブタのエキスがでまくったシャープなキレのある感じで思わずゴクリといきそうになったが、ガマンガマン・・・。しかしホント旨かった。しかし遠い。今度来れるのはいつだろう?

守谷0906

---営業情報茨城県守谷市美園4-1-5
TEL:不明
11:30~14:30 18:00~21:00
水休

守谷0910

今日はさいたまからはちょっと遠回り(w)になるけど、無難に新利根大橋を往復して行ってみた。有料道路往復40円、距離104キロで40km/lくらいなので、交通費は300円くらいかなw

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/951

コメント[2]

勢いあるっすねえ。二種でいきやしたか(笑)

下道いくには二種もでかいのも実際そんな違わないけど
気分的につらそ・・・

盛りも美ってていいですねー。食ってみたい。

でも、えっちら行くなら今の僕には北浦和!

>よしいさま

返信おくれてすいませんm(_ _)m
二種でトコトコ行くのもいいもんですよ、到着時間は変わりないですし(笑)
この日の守谷はフォトジェニックな盛りだったみたいですね。旨かったですよ~。
北浦和、ササッと行ける割に行けてませんorz

コメントする