2009年8月 9日

アジャンタ

アジャンタ

今日は同居人とお買い物ついでに麹町の「アジャンタ」へ。というか「マトン最高!マトン最高!」と念仏のようにブツブツ言い続けるので、導かれるように・・・wどうにもカレーは疎いんだけど、けっこうというか猛烈な老舗で、かの著名なホーテンス・S・エンドウ氏もいたくお気に入りのお店とか。

日テレの完全なる隣に位置して駅からもスーパー近い超一等地、二階に案内されて横の日テレに出入りする人がチラ見できたりするポジションに陣取ってみた。日曜のお昼時だけどカップル、家族連れ、業界風の方と半分くらいの入り。スパイシーなコールスローサラダをつまみながらしばし待つと、出てきた。

Cペア(マトン・キーマ)

Cペア(マトン・キーマ;1500円)

なんつうか、ナンが異様にでかいぞ!このぽっこりおなかのようなドでかさは一体ナンなんだと思わせるようなブツ。カレーが入ってるのが普通のお茶碗くらいの大きさの器なので、大体の大きさがわかるだろうか。

マトン

なるほど、たしかに「マトン最高!」だ。臭みもなく非常にジューシーで柔らかいマトン、これは旨い。かのホーテンス(ry氏も「20年間マトンを食べてきた」と言わしめるような味だ。しかしけっこう辛いなぁ。お店の人も「辛いですよ~」と言っていただけある。今年の夏はあんまり・・・とはいえ、暑いさなかに辛いものを食べるのはなんだか体に良さそうな感じがする。

ナン

そのナンも裏はかりっとしていて表はさくっとしていて中はふんわりとしていて、絶妙な三重構造を奏でている。カレーをつけなくてもナンだけで十分旨い。

キーマひよこ豆

頼んだ「Cペア」は2種のカレーが選べるので、私はマトンとキーマ、同居人はマトンとひよこ豆のチョイス。そのキーマとひよこ豆がこいつ。私が頼んだ2つはお店の方に「どちらも辛いですよ」といわれた通りズバリ辛かったんだけど、マトンのほうは日本的な辛さ、キーマのほうは漢方的?な辛さ(カレー詳しくないのでスンマセン)。ひよこ豆のほうはホクホクしていて辛いというほどでもなくとってもスパイシーな感じだった(カレー(ry)

ラッシー

ラッシー(ランチ315円)

辛いのは好きだけどお水を飲みまくってしまうのが私的難点でいつもおなかタプタプになってしまうんだけど、追い討ちをかけるようにラッシー。どろり濃厚wでのどの渇きを癒すためもう1杯お水を飲んでしまったのは秘密だ。

---営業情報
東京都千代田区二番町3番地11
TEL:03-3264-6955
月~土 10:00-26:00
日 10:00-24:00
年中無休 
日・祝休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/960

コメント[2]

ふふふ。辛いものにはわたしに分がありますな(笑)

辛くて美味しいもの悔いにいきましょうか。

(ただいまダイエット中。70キロまであと5・・・・なげえぜ)

>よしいさま
先日「中本」に行ってきたのですが、
スイスイ蒙古タンメンを食べる同居人を尻目に、
私はニコニコセット(味噌蒙古)でロット崩し(笑)
今度連れてってくださいな~ってダイエット中ですかw

コメントする