2009年10月12日

ラーメン 勇花

勇花0910

いやー今日もいい天気だなーっと買い物ついでに勇花までお散歩に行ってみた。以外と近いのにビックリしたのと同時に、開店待ちの人が4人もいたのにもビックリ。どの二郎もお休みな影響は・・・ないと思う。

券売機

定時に店主氏が幟を立てて開店すると同時になだれ込み。後から後から続々と人がやってきて、結局私がいる間は小上がり席も含めて満席状態になってしまった。券売機には駐車場に関しての注意書きが。今日は徒歩や自転車の人が多かったけど、夜とかだとやっぱりこの立地では厳しいのでしょうね~。

缶ビール(おつまみ付き)

缶ビール(おつまみ付き;380円)

いやー休日の昼下がりに飲むビールってなんでこうもうまいんでしょ。おつまみは富士丸定番の野菜+豚の切れ端+アブラなんだけど、とにかく液体油で仕上げられてる印象だwビールで油を拭い去るのがたまらんのですわ。

小ラーメン汁なしニンニク少しアブラ+生玉子

小ラーメン汁なしニンニク少しアブラ+生玉子(630+50円)

ビールも飲んだし、健康的に小ラーメンだーってアブラ入れてるからどうしようもないんだけど、ささやかなる抵抗だ。そういえば汁なしを頼んでる人が多かったような気がした。しかし、ブタがすごいなぁ。前もこんなだったっけ?

横から

軽く横から撮ってみても、まるでそびえ立つブタだ・・・と言わんばかりの迫力。とにかく食べてみましょうか。

麺

なんか麺も変わったような気がする。こんなにエッジが立ってる免だったっけ?柔らかめに茹でた開化楼の太麺もしくはうどん。富士丸の麺とは違うムニムニ感でなんとも言えない食感。二郎っぽいラーメンではあまり食べたことがない麺だと思う。ここは薄味のことが多くて汁なしでもその傾向が強いんだけど、後からカスタマイズして修正が効くという意味ではラーメンより汁なしを頼んでいる人が多いのだと思う。私も上にかかってるコショウとラー油でスパイシーな味わいにしてみた。

ブタ

そして@の極致と言わんばかりのブタ。@は北欧あたりでは"ニシンを巻いたもの"と言うらしいけど、北欧の人に「ならばこれはどうだ~」と見せてあげたい代物。バラ肉を巻いたものは脂が多いことがあるような気がするけど、こちらは肉分が多くてしかもしっとりとした代物。今度はお持ち帰りを頼んでみることにしようかな。

黄身と脂

そして黄身と脂をイン!このなんだかイケナイことをしているというかプチ罪悪感が楽しい。トロトロになったブツを麺に絡めて食べて、まったりとしてきたら卓上の醤油をかけ回してみる。うーんなんともエロイ・・・ということで完食。

---営業情報
埼玉県戸田市美女木2-5-21
TEL:048-421-8020
11:30~14:00 18:00~22:00
水休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/981

コメント[2]

結局ここは未食だったんですが、この豚はタマランすねぇ。
麺食いながら豚、ビールの流れで飲み込みたい限りっす。

>Mおさま
いろんなところを見てると、豚もかなーりブレがあるみたいですが、
今日のこれだったらもう完璧ですね。
思わずお持ち帰りを予約してしまうところでした。

コメントする