2009年11月 1日

ジャンクガレッジ(大つけ麺博)

ジャンガレ大つけ麺博

今日は夜から結婚式の二次会、その前に日比谷でやっている大つけ麺博にセクシーさん、別名ホッピーさんと一緒に行ってみた。暑いからか休日なのだからか、おやつ時だというのに結構混んでますなぁ。

券売機

会場は日比谷パティオという空き地みたいなところ、そこに各所のつけ麺をウリにしてる店が集まってくるって寸法だけど、つけ麺博覧会なのになぜか汁なしをパ(ryったジャンクガレッジが出ているというので行ってみた次第。券売機を買ってから並ぶのはこの手のイベントにつきものだけど、返金なし、翌日以降に繰越なしとは結構殿様チックだ。

看板

各お店には三角コーンで誘導路ができているが、目立つのは3店。行列が一番のとみ田、トライクにまたがった金髪親父の呼び込みがウ(ryイ中本、そして「今世紀最後のつけ麺」といかにも仰々しいジャンクガレッジだ。そこへ並ぶこと20分くらいで受け取り。麺上げや調理担当の方が相変わらずキッチン用のゴム手袋で萎えるけど、衛生に気を遣っている証拠だろう(なのか?)。

まぜつけ

まぜつけ(800円)

ブタ増しや辛味増し、そしてベビースター増し(!)なんていうオプションもあったけど、とりあえずどノーマルを吹きっ晒しの喫食席へ持ち帰り、食べてみることにしよう。ちなみに右隅のニンニクは何も言わなくてもついてくる。

麺

麺は浅草開化楼。ただ平打ちで若干細めなので、ジャンクガレッジ本店や他の開化楼麺を使用した二郎もどき店のようなキャラメル的食感が薄れているのが幸いだ。タレと玉子の黄身がまぶしてあり、このままでも全然食べられる。ただベビースターがちょっとフニャっているような気もした。

つけ麺

おっと、こいつはあくまでつけ麺なので一応つけダレにつけてみる。ドロリとした魚介系のつけダレはエビ風味の辛味が入っていたりしているが、元々の麺も味がついているので、はっきり言っておのおのが主張しまくりでバラバラな感じだ。ごちゃ混ぜのジャンク感を狙ったと思うんだけど、行き過ぎて調和が取れていないように思える。

ここのパ(ryリ元の関内の汁なしは一体になったときの渾然感を味わうものだと思うんだけど、つけ麺にしたことで空間を移動する距離の分だけ一体感というかグルーヴ感が損なわれてしまっていると思う。やはり模倣は本物を越えられないと思った次第。

ブタ

対して、ブタはこんな感じで崩壊寸前のものがペローンと一枚。一番よかったのがブタってのもなんだかなー。しかし量すくなっ!4口ほどで完了してしまった。二郎っぽいものでこれだけ量が少ないのは、マジック後の鶴見以来の衝撃だ。

行列<br />

食べ終わってみてみると「とみ田」は新規行列を一時中断していた。私個人的には寒い季節のつけ麺もいいと思うんだけど、まだあと一週間あるとは言え、これからの季節つけ麺は厳しいだろうなぁ・・・。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/987

コメント[2]

田舎者なので、教えてください。
この看板の豚は、以前マコピさんのブログに登場したモッコリ豚そっくりですが、関連はありますか?

3日に、ひさびさに上京したので、歌舞伎町の二郎に行ってきました。
豚がうまい。ただ野菜ましにしたので、スープがさめやすくなったのは残念でした。

確かにこれからの時期、つけよりデフォですね。

>タツミンさま
このお世辞にもセンスがいいとは思えない看板のお店なんですが、
モッコリ豚の修行元らしいですよ。

歌舞伎町、なにげにうまいですよね。私も結構好きです。
野菜増し、スープ薄くなるし冷めるしで、私も最近あんまりやってません。
つけだったらなおさらでしょうね・・・

コメントする