2009年12月13日

大ふく屋 御徒町店

大ふく屋御徒町0912

今日は蒲田でお昼から忘年会。楽しいひと時が過ぎたあとは麺が食べたくなるわけで、そういえば・・・と帰宅途中に御徒町で降りてみた。赤羽にできてからその後異様な勢いで増殖中の「大ふく屋」、せたが屋系列のアレ。なんでも、御徒町店は二郎に絶大なる敬意を払って仕上げられたインスパイアがあるとのことなので。

張り紙1張り紙2

店内に入ると、「これでもか!」ってこんな感じでイチオシメニューっぽい扱い。「豚野郎」なんて我々を挑発しているようで面白いw!そして出てきた"自信の逸品"、喰らってみましょうじゃないの!

野郎ラーメン

野郎ラーメン(850円)

私は野菜増しにしたつもりはないんだけどなぁ。閉店間際だったからあまったのかな?50食限定とのことだけどフツーに注文通ったし。では・・・

麺

食べてみて絶句。これが自信の逸品ですかそうですか。今までさんざ食べた二郎インスパイアというか二郎もどきのラーメンの中で一番アレだった。元々かなり薄めのスープは大量の野菜でさらに希釈されており、文字通り「醤油のお湯割り」状態。麺はモフモフとした食感の(インスパイアにしては)細めんで、一番旨かったのはシャキシャキの野菜くらいかも。

ブタ

ブタはかなり薄めだけど歯ごたえバッチリの段ボール系なブツ。

ブタ

スープにはゴリゴリした食感の大量の背脂が。アブラ自体の旨みはなく無味無臭で、脂肪酸エステルって感じだった。野菜のっけてスープに背脂浮かせればいっちょあがりなのか?

リスペクト

"リスペクト"を辞書で引くと、「尊敬」とか「敬意を表す」なんて言葉が出てくる。インスパイア、リスペクト、オマージュ。便利な言葉ですねぇ。それにしてもなにをリスペクトしたんだろうか、行列?

最後にひとこと「絶対、参りません!」

---営業情報
東京都台東区上野6-2-6
11:00~22:00
無休
休日未定

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/998

コメント[2]

いやー、同感です。
当方訪問時には、切り刻んだとしか思えない角張った立方体の背油がゴロンゴロンと・・・もちろん食べられるはずもなく。
せたがやグループだからと安心してはいけませんね。
知り合いの豚野郎にも忠告しておきました。

>通りすがりさま

返信遅れてすみませんm(_ _)m
”二郎インスパイア”って、見た目だけマネしたものが多いような気がします。
これでよくもヌケヌケと敬意を払いましたって言えるものだと・・・
せたが屋系列とはいえ、所詮チェーン店ですからねぇ。

コメントする