2010年1月14日

CARLO MENTA(ローマ旅行記)

サンタマリアコスメディン教会

年末、ちょいとばかりイタリアとフランスに行ってきました。主に食べたモノなどを、ちょこちょこと書ければと・・・。さてまずはローマ。イタリアはちょっと前に出張でミラノに行ったことがあるけど、やっぱりイメージしてるイタリアとはちょっと違う感じだったので・・・。

さて、ローマは街の中に遺跡があるというか、遺跡の中に街があるという感じだった。写真はかの有名な「真実の口」があるサンタマリアなんちゃら教会。どこか仰々しい場所にあるかと思ったらこんな所にあったのでちょっとビックリ。

その真実の口からテベレ川を渡ったところがローマの下町、トラステベレ地区。おなか空いたな~と橋を渡ってズンズン進んでいったら、人が結構入ってるお店「CARLO MENTA」があったので寄ってみた。

ハウスワインと炭酸水

お昼だけど、まずはハウスワインとお水でカンパーイ。水(750ml)もワイン(500ml)もどちらも2ユーロくらい。ワインもうまかったけど、ガス入りの水が料理と合う!これは帰ってきてから家でもやってます。ビール飲むより健康的な気がするし。

ブルスケッタ

ピッツアとか食べてる人もいたけど、10ユーロのプリフィックスなメニューが良さげなのでそれを。まずはブルスケッタ。ナプキン広げる前に来た。早い!と思えばニンニクもオリーブオイルもしっかりしてるし旨いっす。

アマトリチャーナカルボナーラ

アマトリチャーナとカルボナーラ。どちらもパンチェッタの塩気が麺をグイグイ食わせてくれる感じ。アマトリチャーナは特筆すべきものはなかったけど、カルボナーラが。今までくどくて敬遠してたけど、生クリームの入ってないカルボナーラって旨いですな。これ以降ローマではカルボナーラを頼みまくってた。それが後で後悔するはめに・・・(後ほど)

サルティンボッカコトレッタ

サルティンボッカとコトレッタ。生ハムを焼いちゃうってなんだかもったいない気がするけどローマ名物らしいので頼んでみた。セージがとても良い感じ。対してコトレッタは・・・(苦笑)揚げ物に揚げ物を添えるってイタリアだけにピザ養成メニューですかこれは!レモンが野菜の代わりか?旨かったけど。

フルーツ盛り合わせプリン

デザートはティラミスが食べたかったけどなかったのでこいつらを。よく飛行機で出てくる皮付きぶどう、ここで食べたのが皮まで甘くて一番旨かった。プリンは懐かしい味。これで10ユーロ×2人、飲み物となんとか含めて25ユーロとは結構安いのではないだろうか。量もそこそこあるし、このあたりを散策したときにはいいかも。

---営業情報
Via della Lungaretta, 101 Roma
TEL:06.58.03.733
11:30-23:00
無休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1009

コメントする