2010年1月20日

L'ORSO 80 (ローマ旅行記)

サンタンジェロ城

この日はバチカン中心にいろいろ見学、そしてサンピエトロ寺院の壮大さに驚愕。こりゃあ世界の果ての日本の奥州くんだりから来た少年たちがこれ見て一瞬でカトリックになったのもうなずけるなと納得。そしてバチカン美術館は一日いてもあきないというか絶対一日じゃ見て回れない・・・と思いつつ、日が暮れたのでサンタンジェロ城経由で本日のディナー。

突き出し

7時半に予約して行ったけど店内は半分ほどの入り。イタリアは夕飯が遅いんだねー。この店は昼の部の開店も遅いけど・・・さて、席について注文するとお通しのアランチーニとズッキーニのフリットが。アランチーニはチーズがたっぷりで美味しく、フリットは衣がオーザックみたいで楽しかった。

前菜盛り合わせ生ハムメロン

このお店の名物、前菜盛り合わせ(1人前)。この量で1人前・・・注文するときにちゃんと「2人前だと多いので1人前にしておきますか?」と聞かれる。二郎で大頼んで「小にしておきますか?」って聞かれるようなものだ。しっかし生ハムメロンって死ぬほどうまいなー。なんで甘ぁいメロンにしょっぱい生ハムがこんなに合うんだろう。イタリア人は天才すぎる。

スカンピのリングイネ魚介のリングイネ

スカンピと魚介のリングイネ。「うーん・・・スカンピと魚介でエビがだぶってしまった」って井之頭五郎がつぶやきそうな取り合わせだけど、当然ながら微妙に味付が違う。スカンピはニンニクがキリリと効いており、魚介はそのダシがすごくふんわりとしている。リングイネも見た目&食感ともに固めの神保町の麺みたいでややガチながらもツルモチプリッとしていて最高だった。なんでも二郎基準にするのもどうかと思うけど。

かなりおなか一杯になったのでここで〆、こんだけ食べてワインと水飲んで50ユーロでおつりが来た。定食もあるし、隣の中国人(というかラーとかマーとかついてる英語しゃべってたのでシンガポーリアンか)はパスタだけ頼んでたので、そんな使い方もアリか。でもまた前菜盛り合わせを食べねば・・・。

---営業情報
Via dell'Orso 33, Roma
TEL:06-6864904
13:00-15:30 19:00-23:30
月休(夏季・クリスマス休業あり)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1013

コメント[2]

神保町の写真にサンタンジェロ城のキャプションってシュールですね。
ところで、年末の記事でサンタマリアノヴェッラのアルケルメスの写真がありましたが、味の感想などをお聞かせください。
あの赤色の原料はご存知ですよね?

>恵比寿の人さま
サーセン!写真の名前を間違えてアップしちゃいました!
訂正しておきました。どうでしょう?

S.M.N.のアルケルメス、かまぼこの赤の原料と同じですよね。
お店の人に聞いてなるほど~と思いました。
単体で飲んでも全く美味しくないというかむし(虫)ろ毒?なので、
ちょっと変わった使い方をします。後でアップするので乞うご期待。

コメントする