2010年1月16日

ラーメン二郎 茨城守谷店

守谷1001

今日は北小金の有名パン屋さんまで遠征。「この辺だとにかいやか雷だな・・・」とか思ってたら、発案者が「ニセモノには行きたくない!正真正銘の二郎行きたい!あの肉食べたい!」と仰るので、ちょいと車を飛ばして守谷まで。おっ、12時半だというのに行列がないぞ?そうか、守谷は店内に行列作るんだ、店内がカオス状態なのか・・・と思って恐る恐る近づいてみた。

社訓

大利根大橋を渡る時の気温が「5℃」と表示されていたので、暖かい店内はさぞや阿鼻叫喚の状態かと思いきや、待ち席+2人ほどのあっけない人数。でもこの後ドカドカドカっと入ってきて30人近くの行列が店内でトグロを巻いているような感じになってしまった。この店内行列にもビックリしたけど、店に来てる1人の女の子の靴には土の塊が・・・茨城ですなあ。

小ラーメン豚入り+うずら、ヤサイニンニク1

小ラーメン豚入り+うずら、ヤサイニンニク(750+100円)

ここはお店の人に呼ばれてから着席するんだけど、その割には回転が異常に速いのが特徴だ。客層もファミリーだし、INAKA(失礼)なので、今日こそ面白い光景が見られるんじゃないか?と毎回来るたびにヘンな期待をしてしまうんだけど、色眼鏡はよくないな、うん。

小ラーメン豚入り+うずら、ヤサイニンニク2

ちなみに今日の店員構成は店主+助手3人の構成。それにしてもうずらが大きいなぁ。さて食べてみましょ。

麺

茶濁したスープの色をまとった麺をズモモモモ・・・と持ち上げてズゾゾゾゾ・・・と啜る。うむ、この茹で加減。非常に完璧なモッチリ+プリプリ感がある。ほとんどデロ寸前なんだけど、決してデロではない。ちなみに私はデロリアンではなくモチプリストである。今日のスープはちょっとしょっぱかったな。でもちょいクタ目の野菜と麺をバリバリ喰わせてくれるパワーに満ちている。

ブタ1ブタ2

対してブタはゴッチリミッチリしたちょいパサ目の奴。前回訪問時の出来が素晴らしかっただけにちょっと期待が先走っていたのかどうか。豚入りにしたらこんな感じでゴロリゴロリと入っていたのでちょい難儀したけど、麺の柔・ブタの剛のバランスで両方食べ進める分には良かったと思う。

うずらスープ

でっかいうずらは味付してあるわけでもなく恐らく水煮缶のものだと思うけど・・・それにしてもデカイ。箸休めにヒョイパク食べる感じではなく、意を決してムズッとつかんでモリモリと食べる感じだった。スープにはプカプカしたものがかなり浮かんでるが、これが麺と絡まってかなりいい塩梅・・・だと思った。

少なめラーメンニンニク

少なめラーメンニンニク少し(600円)

ちなみにこれは家内が食べた少なめラーメン。「ニンニク入れると美味しい」って当たり前田のクラッカーだ!ニンニクの入ってない二郎なんて、キリストのいないキリスト教みたいなもんだ!

---営業情報
茨城県守谷市美園4-1-5
TEL:不明
11:30~14:30 18:00~21:00
水休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1010

コメントする