2010年1月29日

さいきんたべためん(中国編2)

夜景

前回に引き続き、中国の海門まで1週間出張。半年前に来たときペンペン草が生えてたような土地にいきなりでっかいビルが建ってたりして物凄い勢いである(安全性は保証しないけどw)。今やってる仕事も10年後には中国でできなくなって、20年後には逆に中国からやらされてたりして・・・でもツイッターも使えないし、いつまでこの体制が続くのか?まあそんなことはどうでもいいっす、美味しいものを食べて仕事の疲れを癒すのだ。

〆の面

夜のクルクルディナーの〆は誰がどう言おうとも「面」を注文!たいていのお店は取り分けてくれるんだけど、洗面器みたいなブツがクルクルにいきなりドカン!とおかれてくるくる~と私の前までw二郎喰いとしてのオーラか何かを感じ取ったのか?こんなに喰えん!

面1面2

この手のブツはどこで食べても同じようなビジュアル・同じような味である。鶏がらベースの非常にあっさりした醤油味スープに手延べそうめんのような細うどんのような「面」が浮かび、青菜が散らしてある。違うところと言えばごま油の量くらいなもの。それにしても、日本も中国も〆って概念があるところがシンパシーを感じる。

ワインお魚

お店の入口はたいていこんな感じで少々センスがないというかそういう感じだけど、横を見ると水槽なんかがあるお店も中にはあって面白い。海門はその名の通り長江が海に流れ込むところだけあって魚の種類が非常に豊富なのだ。

上海蟹上海蟹を解剖

そんなわけで(?)上海蟹。いきなりグロ画像きた!なんでモザイクかけないんだwって感じだけどやっぱり旨い。私的にはオスのほうが好きだなー。クリームみたいな味噌がなんとも言えないのだ。この上海蟹、陽澄湖産って言ってたけど本当か?たぶん向かいの崇明島で養殖してる奴だと思う。

マナガツオなんとか魚

魚の蒸し物。川魚ってえと臭みが独特な感じだけど(特に中国ではいろんな意味でw)ネギやショウガで上手に処理してあって、身も柔らかくて旨いんだなー。蒸すって料理法は日本ではあんまりやらないと思うけど、かなりイケるんだなーと思った次第。

フグの煮込み

出ましたっ!フグの煮込みっ!これが旨いんだよー。皮のゼラチン質がプルプルトロトロになってフワフワしてて絶品!濃厚なタレと淡白な身とのバランスもいいなあ。

ナマコの煮込み

煮込みつながりでナマコ。こちらはフグに比べると弾力があるけど同質のプルプル系である。揚げワンタンが入ってるのが泣かせる・・・やっぱり味も重要だけど、食感ってのはとっても重要。

アワビのスープ

こちらはアワビのスープ。ずっと飲み食いしてると頃合を見計らってこんな感じに汁物が出てくるのだ。干しアワビじゃなくって生のアワビだけど、スープも旨いねえ。胃に優しい感じがする。あくまで「感じ」だけど。

サーモンの刺身イセエビの刺身

食べるのに非常に勇気がいるこの2品w食べた後もそうだけど、御丁寧にも醤油にワサビが死ぬほどぶち込んであるのだ。刺身食べるというよりワサビの味を楽しむのが中国の楽しみ方らしい・・・チューブから直接すすってろ!

山羊の煮込み

そうそう、海門名物といえば「山羊の煮込み」!沖縄の「ヤギ汁」みたくゲテモノを想像してしまうけど、お昼ごはんに毎日出るほどのポピュラーな料理である。角煮みたいな甘辛い味付けで、トロトロのコラーゲンがたっぷり。これはホント美味しい。残った汁をご飯にかけても旨いよ。

豚バラ肉の唐揚げ

山羊も旨かったけど、一番旨かったのがこのマヨネーズをつけて食べる豚バラ肉の唐揚げ。ほとんど脂身だけど脂っぽくなくって、サクサクとした歯ごたえとナッツみたいな香りがすこぶる美味だった。中国行ってはじめてマヨネーズ食べたけどクリーミィで旨かった。

北京ダック

北京ダック。海門で養殖してるから海門ダックか。こちらは普通の北京ダックだった。

しゃぶしゃぶ水餃子

しゃぶしゃぶ(?)と水餃子。前者はしゃぶしゃぶと紹介されたけど、唐辛子入りの油で煮て豆板醤をつけて食べるwスイスのフォンデュシノワーズみたいに誤解された料理か。そういえばシノワーズって中国風って意味だったような・・・。水餃子は皮がもっちりプニプニで旨いね。中の具など、皮を食べるための味付けにすぎない!

そぼろ蒸しパン

まんじゅうみたいなのは、そば粉が入った蒸しパン。ひっくり返すとくぼみがあって、そこにそぼろを入れて食べる。フッワフワ。こういう粉モノの料理はほんと上手だと思う。

焼きそば焼きそば

おっと、このタイトルは「さいきんたべためん」だった。これはホテルの朝食バイキング(RMB38)の焼きそば。日によって麺の太さがちがったり油の量がちがったり、ブレかwww透明油の層を見ると新代田みたいでゲンナリするけど、オイスターソースが効いてて意外と食べられる。麺もなんだか二郎っぽい。しかしこれを朝から食べるってのは!

ワンタン牛肉面

あんな油まみれの代物はアブラ狂いに任せておいて、私どもはこういうものを。ワンタンは中になんか具が入ってるような、入ってないような・・・牛肉面は春雨だと思うけど糸コンみたいでとってもヘルシー。ここのホテルは四つ星なんだけど、地元の人曰く「ホテルはいいけど食事を食べない方がいい」。これってダメなんじゃないだろうか。

素面

こちらは「素面」、プレーンヌードルってやつだ。強制的に香菜を抜いたものを作ってもらった。面が文字通り素麺みたいで絶望的だけど、朝に食べるんだったらにゅうめんみたいでこれもアリだ。

風格がどくとくであるパンツ

おまけ画像として、超店(スーパー)で見かけた怪しい二点。前者、「風格がどくとくである」って、そうですか。としか言いようがない。後者は・・・w

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1018

コメントする