2010年3月 5日

野郎ラーメン

野郎ラーメン1003

今日は会社のパーティ。ビュッフェだったけど、会話に夢中でローストビーフ1枚しか食えんかった・・・気がついたら下っ端どもは退散して、空っぽのお皿とお偉い人たちだけ。このハイエナどもめ!ということで、やさぐれた気分に追い打ちをかけるべく西川口へ。「おっぱいいかがっすか~」とか西川口らしい客引きを交わしつつ野郎ラーメン。店頭にはランキング?が。どうでもいいけど、「○○野郎」とかいかにもテキトーな名前だよなあ。「○○君」とか、日本人がテキトーに名前をつけるとこんな感じになる。ちょっと違うけど、昔ファミコン用の連射パッドで「杭打ち君」ってのがあったのを思い出した。

店内は7~8割くらいの入りだろうか。皆餃子とかお酒飲みながらマッタリ食べてる感じだ。この店でこの手のラーメン覚えて、二郎に行ったらロティストどもにディスられるのは必至だ!

ホッピー

瓶入りホッピー(300円)

ホッピーが安いので頼んでみた。"瓶入りホッピー"ってまさか「外」だけじゃないだろうな?と危惧していたら、少ないながらもきちんと「中」も提供。2杯取れるくらいの割合だね。しかし、この「中」、芋焼酎ジャマイカ!キンミヤとまでは行かないけど、きちんと甲種焼酎にしてほしかった。300円で芋ってのもすごいけど。あ、「中」のおかわりを頼んでいる人もいたので、そういう対応はきちんとしていた。

汁無し野郎ラーメン

汁無し野郎ラーメン、脂・カエシ・化調・カレー(680円)

今回は汁なし。汁なしは味噌ラーメンと同じくどこのお店でもたいていハズレがないと思う。味噌ラーメンはスープが無理やりある一定以上のレベルになるし、汁なしはスープがないのでスープのレベルの低さを隠蔽できる。まあ、麺がアレだったらアレだけど・・・。

麺

相変わらずゴッチギチで噛むとネチャッとする麺はラーメンよりも汁なしに合うと思う。ラーメンは「啜る」という要素が結構なウェイトを占めると思うんだけど、こういう形態のしなやかさとは無縁の麺はそれがスポイルされてしまうのだ。だから、「ズバババッ」と食べる汁なしにはいい感じかも。お客さんも4人くらいになってしまったし、これをツマミにチビチビと飲むのもアリかなあ。

ブタ

ブタも相変わらずのジャリジャリした脂身とミッチリした赤身の2つの部分が味わえる感じ。ただ、細切れにされているので混ざりはしやすい。全般的に「固い」ってイメージなんだよなあ・・・。あっ、カレーはなかなか旨かったよ。スパイスの力って偉大だな!

のり

それにしても、この意味のない海苔は何なんだろう・・・。もともとラーメンにおける「海苔」の存在について、あまり重要視しない私なんだけど、コレは。かき混ぜて均一になるかと思いきや、いきなりダマになってランブータン状態。一体これをどうしろと!

---営業情報
埼玉県川口市西川口1-21-3
11:30~15:00 17:30~27:00
不定休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1044

コメント[4]

マコピさんから、汁なしを教えてもらったようなものなので、この話題は好きですね。

せたが屋さんも、三田の総帥ばりの漫画すごいなー、って感じです。この汁なしのマコピさんの率直な評価は、いかがでしょうか?僕的には、らけのほうが、うまそうな気がするのですが、…。

一つ質問させてください。

名古屋でも、HRNの限定とか、寅なんかで、ベジポタのつけ麺のブームが来るかもと予想していますが、やっぱり、これは、関東の流行なのでしょうね?

>タツミンさま
あのセンスのないイラスト、やっぱりそう見えてしまいますか・・・。
ここは名乗っていませんが、仮にも系列店で「二郎をリスペクトした」って書いてるんだから、
最低限の敬意は持ってほしいものだと思います。
汁なしはらけのほうが麺も迫力がありカエシも濃厚でピリ辛で旨いと思いました。

>ベジポタ
すいません、ラーメンのことはよくわからないのでなんとも言い難いのですが、一過性のブームに終わりそうな気もします。
「スープオフ(笑)」とかそんな感じと同じかと・・・。

もしかしたら、自分のなかでは、これらは、「名古屋の」うまいつけ麺という理解なのかもしれません。気にしないでください。

>タツミンさま
了解しました!名古屋行くと極太食べちゃうので、つけ麺はあんまり食べないんですよね・・・。

コメントする