2010年3月 9日

田楽

前菜盛り合わせ

浦和の裏門通りシリーズ、その・・・ええっと、何番まで行ったっけ?のシリーズである。今回はやきとりの「田楽」、裏門通りから玉蔵院のほうに曲がるとすぐにある。ちなみに隣も焼き鳥やさんなので要注意。今日は軽~くサクッと飲んでみようということで安いほうのコースにしてみた。突き出しの「豆腐オリーブオイル」をつまみながらプレミアムなやつを飲んでるとこれが来た。ポテトサラダと煮凝りと鶏皮。うーむ、クレソンがンマくて、ビールが進んでしまう。

ささみ

ささみとハウスワイン。ここは神保町の二郎の近くの蘭奢待とかと同じでバードランドの系列店とのことで、ホッピーなんかは当然酒メニューになく、酒をあおりながらクダをまいてるオヤジなんぞも当然いない。ちょっとふらっと入った風のオヤジが、「さあ何飲もっかなーヒクッ!」とか言いながら酒メニューを開けたら、日本酒よりもワインのほうが多かったりして目を丸くしてるのを見るのが面白いwいぢわるな楽しみ方だ・・・。

鶏レバー

豚とか牛のレバーって焼くとモフモフして苦手感が出てくるけど、鶏のレバーってねっとりしてて比較的好きだ。ここはタレじゃなくって塩なので表面のプツッとした感触が倍増されて楽しいと思う。

つくね

つくねっ!つくねって味噌ラーメンみたいにどこで食べてもそんなにハズレはない感じだと個人的に思っているけど、やっぱり旨い店は旨い。ナンコツのコリコリ感がたまらない。しっかし、玉子の黄身ってエロイよなあ。こんなにエロイ食べ物って地球上にはないと思うのだ。

ミニ親子丼

〆はミニ親子丼。ここでも官能的な玉子のトロトロ感が味わえる。けど、やっぱり生の黄身にはかなわないなーと思いつつも美味しくごちそうさま。ちょこちょこ飲み食いして4000円切るくらいなので、この手の系列にしては圧倒的にリーズナブルだと思う。入り口のワインセラーにズラリと入ったDRCのワインにはビックリするけど・・・。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1045

コメントする