2010年3月16日

フィレンツェで食べたもの(フィレンツェ旅行記)

朝食

フィレンツェではなんと1泊2日しかいなかったわけで・・・本当はもっと居たかったんだけど已む無し!ってことで、フィレンツェで食べたほかのもの行ってみよう。これはホテルの朝食会場から見たドゥオモ。うーん、いかにもフィレンツェですなあ。

朝食

泊まったのはこのホテル。外見も古くて内装も古いんだけど、手入れが行き届いていて非常に美麗で荘厳な感じ。なのに部屋のキーが非接触式のカードキーだったり、テレビが液晶だったりして恐ろしい。古いってボロいってことじゃないんだねえとしみじみ実感。朝食のパンが美味しかったなあ。誰だよ、イタリアはパンがマズイなんて言った奴は!

スプマンテ

話は前後するけど、ローマからフィレンツェにはエウロスターのアルタヴェロチタという列車の1当車に乗った。高いだけあって飲み物と軽食のサービスがあるんだけど、シャレでスプマンテある?って聞いたらコルクをポンと開けて注いでくれたw日本の新幹線のグリーン車でもこういうサービスやってほしいなあ。

GILLI 夜の部

フィレンツェに戻って、ディナーの前にGILLIというレプブリカ広場前のバールに行ってみた。なんでも1733年創業らしく、もうすぐ300年の伝統!を持つバールである。カウンターに手を置き、足はちょっと組んで、とオリーブなんかをパクつきながらキャンティをグビリ。うーん、絵になります(ならないならない)

エスプレッソとビスコッティ

こちらはGILLIの昼の部、エスプレッソとビスコッティ。エスプレッソは立ち飲みだとなんと0.8ユーロ!こんな歴史あってかつ超一等地にあるのになんじゃコレはという感じだ。住んでたら毎日通っちゃいたいなあ。

カツサンド

もうフィレンツェ終わりかよーってな具合で空港で食べたカツサンド。この薄っぺらい感じが駄菓子っぽいんだけど、パンがカリモチでなんとも不思議な具合。ちょっとしたこういうモン食べても旨いなあイタリア。ちなみにフィレンツェ空港ではイタリア人より日本人より中国人が多かった。どういうわけだコレは。

サンドイッチ

フィレンツェからパリに向かう飛行機での機内食。フィレンツェから飛んだけどエールフランスなのでワインもサンドイッチもフランス製だ。うーん。コート・デュ・ローヌは旨い!ってもうイタリア終わりかよー。と窓の下に見えるアルプス山脈を眺めながら物思いにふけ・・つうか隣のインド人の親子連れ、パラパラ食べこぼすなよ!旅情があ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1049

コメントする