2010年4月10日

ジャポネ

ジャポネ1004

今日は天気もよかったので散歩がてら有楽町から上野まで歩いてみた。まずは手始めに、というか腹ごしらえでジャポネだ。以前から家内が食べたいと言っていたので・・・さあ堪能しようじゃないか、「パスタ(笑)」ではない、「ゆであげ(謎)」でもない、「スパゲッティ(らしき麺料理)」の世界を!

メニュー

銀座インズ3に入った瞬間に漂う「ジャポネ臭」、二郎の近くに来ると匂う「二郎臭」みたいなもんだろうか。どちらも香ばしい香りで好きな人にはたまらないと思うけど、気になる人には猛烈に気になる感じである。土曜だけどお昼時をビミョーに外した時間というのもあって、10人ほどの行列。

粉チーズ

店員さんは3人、調理担当2人と調理アシスタント&接客係の1人のお兄さんズで回している。接客のお兄さんに「2人」と言ったら、まず一人座って席が空いたら誘導してから調理を始めてくれた。飲み物は水ではなく「麦茶」。絶対パスタ屋で麦茶はありえないよなあ。

バジリコレギュラー

バジリコレギュラー(550円)

前ジャリコを食べてどうもイマイチなように感じた話をしたら、某店主が「ジャポネは塩味が旨いと思う」と言っていたので素直に従ってみた。"バジリコ"とは言うもののバジルなんかは当然入っておらず、青じそなんだけどね!ほかの具は小松菜、豚肉、ダイストマト、玉ねぎ、シイタケ。ダイストマトが異様な雰囲気だけど、他の具材はまるっきり「焼きうどん」のソレである。

麺

食べてみると・・・なるほど、塩味のほうが醤油みたいに香りがきつくなくて私には好ましく感じられるように思った。醤油だとこの「炒め」感が倍増されるような気がするのに対し、塩だとさっぱりと食べられる。ふむふむ。でも私的にはこの程度で十分うまいというかうまく感じられる限界の量なのかもしれない。横綱とかその上を頼む人って飽きないのかな?

明太子

明太子(550円)

こちらは家内の食べた明太子。普通、というか明太子とかたらこ系って「た~らこ~♪た~らこ~♪」のやつとかはただゆでたスパゲッティにソースをかけていただくモンだと思っていたが、こちらもこげ色がつくまで執拗に炒められたスパゲッティらしきブツに明太子ソースがかかっている。バジリコよりこっちのほうがスパイシー系で私には合ったように思う。

たかだか1皿のレギュラーのジャポネなんだけど、胃の重たさは二郎食べた後に匹敵するかも。でも、今度はカレー系を攻めてみようかな、とも思ってしまうのだ。

看板

インズ3を出て見上げるとこんな看板が。勝手に応援団長にされて・・・

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1060

コメント[2]

インディアンおすすめです
カレールーのおかわりができますので、
微妙なお得感があります

いつも横綱(たまにその上)を食べますが、
冷静に考えると、
プラス250円分のCPあるかなぁ・・・
と思うときもあります
富士◎みたいなものでしょうか

No.3021のひよこage屋さんのコメントへの返信

インディアン情報ありがとうございます。あれも炒めてあるんですかね?
わっしと掴んだブツにそのままカレーをかけて提供してもらいたいところです(笑)
それにしても横綱を常食!さらにその上ですか。結構胃にきませんか?
まあ、250円はCPを求めてというより三田の大みたいにお布施みたいなものかと想像しております。

コメントする