2010年4月29日

(パリ旅行記)シャンゼリゼのクリスマス市

ギャラリーラファイエット

いい加減まとめないと夏になってしまう!ということでたまってるヨーロッパ旅行記、パリに行ったときの話しを3つだ。さて、パリに着いたのは12月25日のクリスマス。街はイルミネーションで鮮やかだけど、肝心の食うものがneee!日本と違ってクリスマスってほとんどのお店がお休みなのねん!

さてどこで食べようかと考えてたんだけど、最近はクリスマスにシャンゼリゼでマルシェ・ド・ノエルというものがやっているらしい。要はクリスマスの屋台村みたいな感じなんだけど、なんだか面白そうってことで行ってみた。

クレープ屋1クレープ屋2

まずはクレープ屋。日本でクレープっつうとクリームとかイチゴとかチョコとかまあなんともスイーツ(笑)のさきがけみたいな存在だけど、本場ではしっかり食事である。こんなピンクないでたちのクレープ屋だけど、しっかりと「ハム・チーズ・たまご」のクレープを頂いた。生地が甘いのに中身がしょっぱくてウマー。さすがに6ユーロは高いな。

キャビア屋1キャビア屋2

お次はキャビア屋。食い物関係のフランス語はほぼマスターしてきたから、ムスカ大佐のごとく「フハハハ!読める!読めるぞお!」的な感じだ。生八つ橋みたいなのに乗っかったキャビアとおちょこ一杯のウォッカで3ユーロ。

クレープ屋3

クレープ屋その2。しまった、こっちのほうが安いぞ・・・先に食べたクレープ屋はマルシェの入り口だったからボってたのか!しかもこちらはスクレ(砂糖)のクレープとかある・・・家内がムチャクチャ食べたそうにしていたがおあずけなり。

お肉関係

一般的な屋台ってえとつまみ食い系だけど、しっかり持ち帰り食材みたいなものも売っている。これはハムやらソーセージやらの肉系の屋台。

チーズ関係

こちらはチーズの屋台。さすがフランスはチーズの大国ですな!ミモレットの表面を観察してみたらしっかりと白いものがうごめいてた!うまそー!!!

マルセイユ石鹸

こちらもチーズ・・・かと思ったらマルセイユせっけんのお店だった。フランスらしいな。ってか屋台でせっけん売ってもだれも買わないだろう!っと思ってたらちょこちょこ売れてるのにはビックリ。他にもぬいぐるみのお店とかクッションのお店とか、お土産系が充実していた。とは言っても食い物系の半分くらい。

すべり台

お祭りらしくすべり台の屋台(?)もあった。1回1ユーロ・・・って結構高いな!でも子どもたちがウヒョウヒョ言いながらすべりまくってた。このクソ寒いのに!

チョコバナナ

チョコバナナというかチョコいちごというかチョコパイナップルというか、チョコレートでコーティングされた果物のお店。

チーズマカロニ

出た!アメリカ人が好きな食べ物ナンバーワン(?)のチーズマカロニのお店。なぜこのようなブツをシャンゼリゼで売ってるのか謎だが、結構売れてた。おっさんの怪訝そうな目つきもヤバイが、左手の黒板に注目!やっぱりチーズマカロニとコーラってセットなのねw

スープ

スープのお店。

ホットワインぶどっ酒

なんだこの「ぶどっ酒、暑い」ってのはw確かに意味はわかるが、「アッー」と相通ずるものを感じる。マルシェドノエル珍看板大賞は、このホットワイン屋に決定!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1069

コメントする