2010年5月14日

GWでたべたもの

古い町並み

GWから一週間・・・この一週間はほんとお疲れ様でした。で、楽しかった(疲れた?)GWの備忘録的なもの、いってみよう。GWも疲れて平日も疲れて、ってのはどうかと思うけど・・・。

まずは飛騨高山。実家の岐阜に戻ろうと渋滞が激しい(なぜかなんもない茶畑のど真ん中で渋滞する。静岡爆○しろ)東名を避けて中央道で行ってみたらむちゃくちゃ空いてて、どうしようもない時間に実家に着きそうだったので松本から安房峠トンネルを越えて高山に行ってみた。このところの天候でところによっては桜もまだまだ咲いていたなあ。

板蔵ラーメン

高山といったら小京都・さるぼぼ・赤かぶ・そしてラーメン。というわけでお土産を買いに板蔵ラーメンに行ってみた。この前は十何回通ったことがあるけど、実は初めて。工場ではピロピロピロ~っとラーメンができあがってゆく。このチャチな製麺機では二郎の麺なんぞ打てないな!とか素人批評をやってたらいきなりドヤドヤドヤ~っと中国の団体さんがきてびっくり。ラーメン工場に中国から見学来るのか・・・って観光コースに組み込まれてるだけだ。試食コーナーで中国語のペットボトル片手に貪るうように食べてた。

セット?麺

お食事処で頼んで待ってたら、注文した「飛騨牛のご飯セット」が「ご飯が炊けてません・・・」というなんともやり切れない理由でできないとのことだったので、お寿司のセットにしてみた。作ってる工場を見た後だけど、うむ!この麺とスープのチープな感じ!マズくはない、むしろ旨い、つうか全然いけるぞ。この麺のピロピロした食感、夜食によろしいと思う・・・というわけで完食。

飛騨牛串焼き

買い物をして外をぶらぶらしてたら「飛騨牛串焼き」の文字についホイホイと誘われるがままに行ってしまった。スーパーの焼き鳥サイズが1本500円也。でも買っちゃうんだよなあ。滴り落ちるアブラがああ!

ラーメンバイキング

最近始まったらしい「ラーメンバイキング」!ラーメン食べ放題とはなんとも・・・誰かイかれた方の感想をお待ちしております。

日本一美味しいミンチカツ"そのミンチカツ

高山の古い町並みを歩いて、さあ帰ろうかと裏道を歩いていたら目に付いた「日本一美味しいミンチカツの店」こういう誇大広告って弱いのよねえ。店内でお召し上がりとかパクつきながら歩ける仕様にしてくれたりしてくれるんだけど、揚げる前のやつ(1ヶ350円)を買って実家で揚げてみた。普通にうまいミンチカツだ。このお店、大阪に本店のある感じのところらしい。高山で出店した理由がイマイチ不明。

ゲコ亭

翌日は関西方面へ。新名神とか名阪とかこの辺の高速はまぎらわしい名前が多いけど(いっそのこと"トマト道路"とかどうだろう)、アホみたいな反対車線の渋滞を尻目に開通したばっかりの「第二京阪」で京都から大阪方面に行ってみた。で堺の「ゲコ亭」。GWなのともうすぐ閉店(らしい)なのとこの前のテレビ番組で優勝(?)したから物凄い行列かと思ったけど店内5人待ちくらいで呆気なし。

ゲコ亭2ゲコ亭3

どうよ、この大衆食堂っぷり。どれもこれも旨そうでチョイスするのに悩んでしまうけど、やっぱ一番はこのお櫃からよそおわれるホッカホカの銀シャリでしょう!

ゲコ亭4ゲコ亭5

久々に旨いおコメを食べたような気がする。噛みしめるたびに甘さと幸せがほとばしる絶妙の炊き上がり具合。けど、こういう食堂で食べるごはんってどこで食べてもそれなりに美味しいと思うのは気のせいだろうか?それにしても、惜しむらくは値段かなあ。ご飯は200円なんだけど、おかずを調子に乗って取りすぎたから1000円超えてしまった。

バーベキュー

嫁の実家のお庭でバーベキュー。ご近所からのおすそ分けらしい神戸牛等を堪能したけど、一番堪能したのはコンニャク!コンニャクを焼くなんて初めてでびっくりだったけど、カリカリとなって旨かった。岡山ってそうなの?

おろしぽんず(小)かまたま(大)

朝食は児島の松家製麺でおろしぽんずとかまたま。GWだからか、朝6時~7時までの営業時間だというのに15人ほど行列ができてたwまあうどん屋だからすぐ食べられるんだけど、この手軽さと旨さのバランスがいい。瀬戸大橋が3000円に値上がり(今でも平日でも朝とか夕方だと1800円くらいで渡れるのに・・・)したら、このお店ますます繁盛するだろうなあ。

てつのくじら館

この日は呉と広島に用事があったのでそっち方面へ。大和ミュージアムは日本の技術の高さのプロパガンダみたいな内容でそれほど大したことない模型目当てだと後悔すると思うけど、向かいの「てつのくじら館」のほうが見所タップリだと思う。つうか潜水艦ってこんなにデカイのか・・・。

おそば

呉では饕餮庵って読めないそば屋で昼食。そばの種類がムチャクチャあってかなり戸惑うけど、田舎そばっぽいものをチョイス。うむ、そばだ。疲れた胃になかなか良い・・・。けど今度は海軍メシ食べようw

大丸堂

広島はフラワーフェスティバルなるものをやっていて異様な混雑、迂回迂回でホテルの駐車場に停めるのも一苦労。けど7時には屋台閉まっちゃうんだね・・・青少年の教育上の問題もあるんだけど、正直もったいない。買い食いしようと思ったのに。ってやっぱり広島といったらお好み焼きでしょうとパルコ脇のお好み村へ。

試合帰りなのか、どっかの女子高生の軍団が50人くらい並んでて正直萎えたけど(べんてんで野球チームが2チーム並んでた時以上の絶望感だった!)、入り口でグダグダしてるだけだったので脇をスルーして村内(?)へ。どこも混雑してるけど、前に嫁が行っておいしかったらしい「大丸堂」へ。全部オタフクソースじゃないんだね・・・つうかこの手のお店ってどこで食べても同じような。

ビールとホルモン炒めお好み焼き

やっぱ鉄板で炒めるモノってうまいなあ。ここのホルモンはしっかり脂がついててビールが進む進む。広島風お好み焼きって実は初めて食べたんだけど、ぶっちゃけ「具の多いやきそば」じゃね?という感じがしないでもないけど、これもまたビールとの相性は最高だった。大阪風お好み焼きより広島風のほうがビールに合う、これは絶対だ。しかしなんでこんな炭水化物が酒のアテになるんだろう・・・。

宮島

翌日は宮島まで。朝9時に着いたらほぼ駐車場が満杯だった!恐るべしGW・・・。宮島に来たのは高校の修学旅行以来だったけど、日本人観光客のマナーの良さにひたすら感動。撮影スポットではきちんと順番待ちするし、必ず後の人に撮影係をお願いするし。この素晴らしい風習はこれからの日本に絶対必要だと思う。

山賊

宮島を後にして、中国地方では知らぬもののない(という話)岩国の山賊に行ってみた。山奥の国道を走ってると突如出現する和風テーマパーク・・・駐車場に停めるのにも20分ほど待ったけど、停めたら停めたで道行く人から「二時間待ちらしいですよ!」とありがた迷惑とはこのことか!と思うような警告が。けどお店に行ってみて案内の人に聞いたら「お好きな席に座ってお待ちください」とのこと。一体なにがなんだかわけがわからない。

山賊焼きと山賊むすび

もう人が足らなくて後片付けも指摘しないとやってくれないし、後片付けしてもお盆ごとその辺の通路に放置してたりしてたけどまあGWなんでこんな感じなんだろう。名物らしい山賊焼きとおむすびを頼んでみたけど、前者は地鶏でもなんでもなく「ブロイラー」って書いてある通りの味だし、後者はコンビニのおむすびを3ヶ合体させたような(+温もり)ってな味と大きさだった。

山賊うどん餃子

他にはメニューで名物って書いてあるっぽいうどんと餃子を頼んでみたけど、うどんは駅の立ち食い肉うどんだし餃子は駅前食堂のランチ餃子ってな感じだった。しかしなんでこんなに混んでるんだろう。もしこのお店が山口以外にあったらどうなんだろう?って思えるほどの立地条件の良さを生かしてるあたりすごいんだろうなあ。

羽根屋

翌日は山口から出雲大社までスーパーロングドライブ。小郡ICから出雲大社って地図を一見すると中国道が近そうだけど、きちんと距離をはかると山陽道のほうが近いらしい・・・最初に言ってくれよおと思いつつお礼参りと次のお願いをしてお昼ごはんに出雲そばを食べてみた。今回は出雲市駅近くの「羽根屋」。さるやんごとなきお方が食べたので「献上そば」という名前がついてる。さるやんごとなきお方、お箸袋でお望遠鏡とかお作りされてお遊びになられたのだろうか?

五色割り子油揚げ

訪れた時間(14時)が時間だったので店内はガラガラだったけど、いかにも「老舗」って感じとは裏腹にけっこうリーズナブルな値段で頂けた。割り子そば、結構好きなんだよなあ。こういうぶっかけモノが好きなだけなのかもしれないけど、出雲市産らしいそばとしっかり目のツユとの相性が良くって。もう3つくらい食べたかったかな。

天壱

出雲大社からツギハギの出雲道を通って(なんでツギハギなんだろう)米子道に入った瞬間、へっぽこカーナビは次のインターまで「二時間かかる」予測が・・・次のインターまで10キロもないだろうが!と思ったら1時間はかかったわけで。なんで上り坂ってこうも渋滞するのか?上り坂になったら皆死ぬ気でアクセル踏めよ!とか心の中で思いつつも岡山に戻って地元で有名な天丼屋「天壱」に行ってみることにした。

味天丼えび穴子天丼

味天丼(塩天丼)は520円、えび穴子天丼は820円だったかな。かなりリーズナブルな値段でボリュームが満点だと思うけど、火の通り方がイマイチだったりご飯が軽めだったりまあこんなもんかなという天丼だった。でもなかなかコストパフォーマンスはいいと思う。私たちが行ったのは8時ちょっと前だったけど、あとからきた人は「ごはん切れ(!)」で断られてた。

山越

次の日は平日だったけど、早朝割引を利用して瀬戸大橋を渡って朝食にうどんを食べてみた。与島SAのガラガラ具合に感動したりしつつも、瀬戸大橋はいつ渡っても感動するなあと改めて実感。嫁が釜玉フェチにも関わらず行ったことがないらしいので釜玉の元祖という話の山越に行ってみた。こちらもガラガラwで並びゼロ。

かまたまやまかけ

ちょっとキワモノ(?)の「かまたまやま」と、これはフツーの「かけあつ」を頼んでみた。・・・うーん、こんな感じか?釜揚げのミョーにベッチョリした感じが際立ってる。前食べたときはスキッとした歯ごたえだったけど今回はそうでもなくて、並んでなかったってのが原因なのかなあ。まあこのテーマパークみたいな店内はいい感じで"空いてるなら"のんびりと食べたい感じだけど、なぜかルーマニア関連の国旗とかポスターが張ってあるので「もういいかあ」という感想だ。

龍馬像武市半平太旧宅

腹ごしらえした後は高速で今話題の高知まで。龍馬像の横顔が見られるってだけで200円払って現場の足場にありがたく上ってみたり、ドラマではもうすぐヤバそうな武市半平太の旧宅に行ってみたりした。旧宅、ものすごくデカくて白札ってどういう階級か想像できるんだけど、今は坂本さんって方が住んでるらしい。いろいろ感心してしまった。

明神丸

お休み中天候に恵まれたのはほんと良かったと思うけど、いきなり平日になったら高知では雨だったので、お食事は屋内が良かろうと高知にいながらシンガポール気分が味わえる「ひろめ市場」で一番並んでる「明神丸」でかつおの叩きを食べてみた。

定食かつおのたたき

地元でその地方の名物料理を食べてマズイはずはない!とバイアスがかかる私の舌にとって、このたたきはまぎれもない美味でありますですハイ。ニンニクスライスつけてがぶりとやるのはほんと幸せだったなあ・・・。ハランボはなかったけど、ドロメがごはんと合って旨かったよ。

ケース

それにしても心残りなのは、いかにも「呑んでください」といわんばかりのこのラインナップにありつけなかったこと。たたき定食食べてる横でチャリダーっぽいカップルが「うつぼのから揚げだよ~」とか「きびなごだよ~」とか言いながらビールを昼間っからグビグビ飲んでたのがホント羨ましくって・・・。絶対今度は一泊するぞお。

飛騨牛

翌日は私の実家に戻って、地元の飛騨牛やさんから仕入れたブツを焼いてみた。部屋中脂地獄だwでもそんなに残らなくってリセッシュは不要だった。飛騨牛の脂ってこんなもんか?

浜のかきあげや

最終日はさいたまに戻る途中で由比漁港の「浜のかきあげや」に行ってみた。到着時には150人待ちくらいwこのGWで一番並んだかも。でもただかきあげ丼を売ってるだけなので1時間強くらいでカウンター(?)にたどり着けた。

オープンカフェ

受け取ったらこんなところが食事スペース。どうよ、このオープンカフェ状態!由比ってガケにへばりつくようにあるイメージだったからどこに漁港があるのかって疑問だったんだけど、東名から見えるマリーナみたいなところが漁港だったのか。

さくらえびアップ

かきあげ丼とかきあげカレーうどん、かきあげ単品に桜海老味噌汁と尽くしだ。正直「新製品」のカレーうどんはイマイチだったけど、ネタ的には申し分なし。カレーと桜海老って意外と合うなというのが正直な感想。しっかし桜海老ってほんとうに旨いなあ。かきあげ丼は7枚まで乗せられるから(もちろん有料で1枚あたり350円)、奇特な方はどうぞ~。

とまあこんな感じで8日間ずっと車を運転しっぱなしだったけど、総走行距離は3200km弱。まだまだ行けそう、と思ってしまう自分が怖いっすw

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1072

コメントする