2010年6月 2日

もつ焼 丸新

丸新1006

6月だけどなんだか煮え切らない天気が続いてますなあ!梅雨に入るなら入ってくれよん!ってなわけで出張で軽く肉体労働をしたので、ちょっくら行きましょうやと北浦和に降り立ってみた。目指すは丸新!ちょくちょく覗いてみるけど臨休だったり満席だったりでナカナカ難しいお店だけど、この日はなんとかカウンターに滑り込むことができた。

メニュー

カウンター席に座ってビールで喉を潤しながらおかずは何にしようかな?と考えてるこの間がとてもよろしい。この店は急かさせるわけでもなく、非常に贅沢な時間が過ごせる。お客さんは見た感じみんな60代以上のお父さん、下町のアレな酒場よりもちょっとダンディな感じで、日本酒を静かに傾けながら焼き物なんかをつついてる。あんな大人になりたいなあ。

タン刺し

まずは生物ってことでタン刺し。ここのタン刺しは冷凍のものを薄く切って出してくれるので、さながら焼肉のタンのようだけど、シャーベット状のソレは口に含むとシュワッと溶けてまるでルイベのよう。旨い。

レバテキ

ビールがなくなったのでチューハイに切り替え、続いてレバテキ。後から入ってきてカウンターの隣に座ったお兄さんは「ここのレバテキより美味しいレバーは食った事ない」のだそう。それはさすがに言い過ぎかもしれないけど、ここのレバテキはたしかに旨い。レバーって焼きすぎると粘土になっちゃうし、生だとちょっとアレ・・・って人もこれだったらいけると思う。絶妙な火の通り具合とタレのウマさ。

なんこつのたたきピーセン

続いてなんこつのたたきとピーマンの千切り、私的に黄金の組み合わせである。なぜつくねにはピーマンが合うのだろう・・・この研究はライフワークとしたいところだ。まあなんこつ入りハンバーグみたいなつくねとフレンチドレッシングで和えたピーマンの千切りなんだけど、食感がなんとも言えない。スパイシー(芥子と辛味噌も・・・)なたたきとさっぱりピーセン、杯が進んでしまう。また行こっと。

---営業情報
埼玉県さいたま市浦和区北浦和1丁目2-3
TEL: 048-831-3473
17:00~
日祝月休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1080

コメント[2]

おー、またまたすごいネタを投入してきましたね
浦和「丸真」と関連のある、通好みの店とだけ知ってましたが
くーっ、どれもこれもうまそう!!ぴーせん最高!
金魚いった帰りにでも寄ってみたいなあ

追伸:某ジャックの件、前言撤回します。
「プレ」も本家に忠実に再現しているのか、
初回のみクリティカル・ヒットだったようです

No.3063の赤い放浪者さんのコメントへの返信

このタイミングで満を持しての(?)登場です!
浦和「丸真」とは関係がありながらも、全く別物のお店だと思って下さって結構だと思います。
というか浦和のお店みたいに「もつ焼きはないので刺身とかどうですか?」とか言われないですし!
何食べても旨いです。カウンター席でも予約できますし、一見お酒高いですけどキンミヤボトルでOKです。
某ジャック・・・二郎以上のブレ具合みたいですねw私も確認してこようと思います。
それにしても放浪の旅がひとまず収束しそうでなによりであります。

コメントする