2010年6月 3日

ラーメン二郎 湘南藤沢店

東海道線カラーのキオスク

この日は小田原まで出張!となれば、こういう機会がないと行けないあそこへ・・・と出張が決まった日からハフハフしていたのであります。で、当日。出張もつつがなく終了し、藤沢へ!おっ、こんなキオスクがあるんだね~といそいそと階段を登ったら小田急への乗り換え階段だったオチwどうあっても二郎に行かせたくないのか、JRよ!

カラーコーン

藤沢駅の空中庭園みたいな渡り廊下はいつも迷うけど(って2回しか来てない)、なんとかお店の前へ。ちょうど開店した時点だったので店内強制背後霊14人ほどのみで外には行列ができていなかった。こんなカラーコーンが信号まで・・・かなり近隣に気を遣ってるんだなあ。

壁

食券を買ってその背後霊に接続してみる。店内ってコンクリート打ちっぱなしだと思ってたんだけど、これって壁紙なんだね。初日は並びすぎで意識が朦朧としてたのでよくわからなかった。

後に並んだお客さん、女子大生っぽい2人組。おっ湘南っぽいなーと意味のわからない納得をしていたら、後から後から来るわ来るわで結局10人くらいの女子大生グループとなったwこの中で食べたくないなーと思ってたら案の定ひとりだけポツーンと食べるはめに・・・ゆっくり食べるのはいいけど、人の頭越しに会話をしながら食べるのは勘弁してほしひ。

小豚ニンニク

豚入りニンニク(750円)

藤沢はブタが旨い!と聞いたので豚入り。おおっ、このシズル感あふれるブタがたまらんなあ~ジュル。

小豚ニンニク

横から見るとこんな感じ。こんもりしててウマそうだ。さていただきませう。

麺

麺はムチムチとしなやかな食感で、Turuturuturu~と喉をすり抜けてゆく。やっぱこういう麺だよなあ!よく「ゴワゴワした二郎特有の麺」とか言う表現があるけど、どこだよそんな二郎。この「たおやかながらもしっかり者」の麺こそ二郎の命だと思う。キャラメルなどもってのほか!

ブタ

そしてお待ちかねのブタ!箸で持ち上げると重力崩壊してしまうほどの炊きあがり。バラ肉なんだけど、このサシの入り方がなんとも言えない!ちょっと薄味で、しっかりした塩分のスープとうまくマッチしていた。

スープ

スープはかなり乳化した茶濁系。旨みとアブラに負けないくらいの塩分が効いている、ってことはかなりしょっぱめってことだ。けどグイグイと麺とヤサイを食べさせてくれる。いやー旨かった。うちからここに来るのはかなり小旅行気分だけど、機会を見てぜひ行きたいと思う。

---営業情報
神奈川県藤沢市本町1-10-14
11:00~14:30 17:30~21:30
火休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1082

コメントする