2010年7月25日

ラーメン二郎 目黒店

目黒1007

三田線沿いで用事があったんで、成り行きで(?)目黒へ。駅から上る階段の途中で携帯見ながら相談するカップルが「野菜増量無料なんだって!」とか言ってるし、坂を降りてたらゆっくり下る沼津ナンバーのホーネットにニケツした半ヘルカップルの会話、「あそこは二郎系だけど野菜増量できないセコい店だ」とか言ってるし。まあどこのお店か大体見当はつくわけだけど、そのお店へ着いてみたらこのク◯暑い中38人待ちでおったまげた。やっぱりメディア露出No.1は違いますな!

若いカップル(死語)やグループ交際(って今はあるのか?)的なのがいっぱいいたので正直何時間掛かるか全く読めなかったけど、なんとか1時間20分ほどで着席できた。ちなみにiPhoneでwiki読んでたので苦にならず。iPhoneバンザイ。案の定店主は助手の肥後ちゃん(仮称)に「かわいがり」をしていた。暑い中お疲れ様です。

小豚ニンニク1

小豚ニンニク(600円)

男1人、女3人のグループが肥後ちゃん(仮称)に「食べられなかったら無理しなくてもいいですよ」と言われ全員「大丈夫です!」と返答する脇で出されたこいつ。1ロット2杯、まあそんなもんです。

小豚ニンニク2

一応、横からも。先程の男1女3のグループは女性がなんとか完食(スープは残す)して出て行く中、男性はスープを飲もうとして四苦八苦していた。ああいうテレビ番組は店主どう思ってるんだろう・・・とかカウンターの向こうに届かない想いを馳せつつ、食べてみましょう。

麺

相変わらず短い麺はゴリゴリした食感で、以前食べた時のような「しっかりしたテクスチャの中にも柔肌チック」な感じは微塵も感じさせない池袋みたいなパスタ麺だった。スープは一応色はついているものの塩気は全く感じさせず、この◯ソ暑い中では「目黒らしさ」というか塩っぽさがなくって物足りない出来。

豚

ブタはホロホロ系でこれは良かった。ガブリと齧るという感じより麺とヤサイとほぐして食べるってのが目黒だと思うから、これは通常通りでいいと思った。ただ、やっぱり麺とスープが・・・しばらく様子見たほうがいいのだろうか?

---営業情報
東京都目黒区目黒3-7-2
TEL:非公開
12:00~16:00 18:00~24:00
水休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1099

コメント[2]

8月8日はグループ総会のため、少なくとも昼営業は臨休のはずです

No.3108のじさんのコメントへの返信

いつもいつも情報ありがとうございます!
どんな内容について話し合われるのでしょうか・・・。

コメントする