2010年8月20日

野郎ラーメン 海浜幕張店

野郎幕張1008

この週は自宅と千葉みなとを往復する日々。埼玉からは武蔵野線で海浜幕張まで寝ていけるので、らくちん・らくちん!ん?そういえば海浜幕張に野郎ラーメンがオープンしてたっけなあ・・・ジャックをこよなく愛するジャロガーとしては敵店偵察に往かないと!ということで駅前のプレナ1Fにオープンした店に偵察に行ってみた。ってえええ!10人ほどの行列ができてるぞ、野郎なのに!周りにはロッテリア・はなまるうどん・カプリチョーザといろんなお店があるけど、一番の繁盛だった。ヨモスエ感マシマシ(笑)ですなあ。

野郎ラーメンと大ふく屋が同時に食べられるお店なわけだが、ここはジャックに乗っ取られてしまった埼玉の野郎ラーメンと大ふく屋が千葉に転進し、野郎と大ふくが戦力を集結して再度埼玉に侵攻しようという、まさに反攻拠点と見て良いだろう。ってプレナ幕張の公式サイトには「大ふく屋(ラーメン・鯛焼き)」と書かれてるのが悲しい・・・鯛焼き?

卓上調味料

接客担当の店員さん4人は全員女性。この日はみんな黒髪色白の妙齢さん(若干1名のヤマンバ上がり風チバラギガールを除く)で、非常にレベルが高い。野郎ラーメン時代の西川口にも立ち上げ時に土屋アンナ似がいたことを考えると、野郎ガールズ(って意味不明だな)とか存在するのか?

で、その色白さんの1人に案内されてカウンター席へ。店内は野郎と大ふくの区別なくカウンターとテーブルが点在してて、30人くらいは座れるだろうか。卓上調味料の「パンチ汁」ってのがパンチの野郎の汁を連想させてちょっとキモい(私だけか?)

野郎ラーメン

野郎ラーメンニンニク少し(680円)

10分ほど待っただろうか、結構待つなあと考えるデッドラインをちょい超えたあたりで「お待たせしましたー」と持ってこられたこいつ。ウーム、デーンと構えるぺらっとしたブツがいかにも野郎だ。

野郎ラーメン

横から見るとこんな感じ。炒めもやし(+ニラ2~3本)は有料トッピングなのでこんな盛りか。ではいただきましょう。

麺

麺は袋麺の焼きそばをそのまま取り出してほぐさずにスープに入れたようなゴワゴワ感。というか、二郎モノマネ店ってほとんど「ゴワゴワした食感」の麺がウリなんだけど、そんな二郎はない。見た目だけ二郎を真似て、しかも二郎とは別の食べ物にしたいってのはムチャがありすぎる。スープはインスタントラーメンのスープを規定量の2倍希釈して背脂をチャッチャしたような感じでかなりヘルシーかつライトかつオイリー。「パンチ汁」を入れて調整しなければいけないのが前提ってのは、正直どうだろう?

ブタ

ブタは「段ボール肉まんってたぶんこんな感じのお肉?が入ってたんだろうなあ」と感じさせるような食感&味。豚バラスライスが横に載っていたけど、これも存在理由がよくわからないシロモノ。炒めもやし(+ニラ2~3本)は油で炒めただけなので、オイリーなスープがさらにオイリッシュになっている。

キャラクター

なんとか固形物を完食すると現れるこのオヤジ、久々に出たな!飲食店のマスコットキャラクターとしてこれほど似合わないのはいないだろう。複雑な思いで退店・・・。

---営業情報
千葉県千葉市美浜区ひび野2−4プレナ幕張1F
11:00~23:00(L.O.22:30) スープ切れ(ってあるのか?)にて終了もあるとのこと
無休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1114

コメント[2]

千葉に野郎ラーメンができたんですね!
西川口にあった野郎ラーメン→ラーメンジャックですが、
先日閉店しましたよ。
2~3日前から二郎系とはまったく無縁の、
横浜家系のラーメン屋さんがオープンしましたw

No.3132のまりもさんのコメントへの返信

聞くところによると海浜幕張は食不毛の土地なのだそうで、
野郎程度でも流行ると見込んだマーケティング力はさすが資本系だと思います。
プロレタリア二郎革命を海浜幕張に起こして欲しいところですが、
京成大久保が直線距離だと近いですから・・・。

ジャック跡地の家系ラーメン「美濃家」、実はもう行っております(笑)
記事はもう少しお待ちくださいませ。しかしなんで「美濃家」なんでしょうか???

コメントする