2010年8月21日

ラーメン二郎 上野毛店

上野毛1008

今年も愉快な仲間たちとたまがわ花火大会のため、二子玉川駅そばのいつもの場所へ・・・って、フェンスが張り巡らされていて全然河川敷に入れないじゃないか!あそこは日陰になっていて涼みながらビール飲むのが楽しみだったのになあ。仕方ないので下流側、川崎の花火大会の目の前に場所を取った。

それにしてもここは暑いというか直射日光は死ぬ。石の上に生玉子を乗せたら目玉焼きができそうだ!ということで場所取り班の応援が来たので一時撤収して上野毛へ。なぜ暑い二郎に行くのかって?そこに(近くに)二郎があるからさっ。

いつもの坂を上って、発泡酒やチューハイが消えてビールしかなくなって儲ける気満々のローソンの脇を過ぎ、角を曲がると・・・おっ、誰も並んでないじゃないの。というわけで早速店内へ。ちょうど空席1で滑り込んだ。みんなこのク◯暑い中、一様にラーメン食べてて大変ですなあ。頭から水かぶったみたいに汗をしたたり落としてる人もいるし。

小ラーメン+つけ麺、ニンニク

小ラーメン+つけ麺、ニンニク(700+150円)

ここは土地柄なのか小が700円と高い!が、ハイソな街に二郎、それもごっつい店主(声はカワイイ)&丁稚さんみたいな助手(両替対応素早い!)の接客の素晴らしさのアンバランスさがいいのであります。ではいただきましょう。

麺

この日は「麺固めで!」と頼む人がほぼ100%だったけど、私はノーマルで。柔らかいが決してヘタれないしなやかな麺は、水で締められることでさらに力強さを増す。酸味と辛味、そしてしょっぱさがちょっと強いつけダレとの相性も抜群だ。塩吹くほど汗かいてたからウマイウマイ。

ブタ

ブタはちょいパサだったけど、ボリュームたっぷりでホロホロと崩れる感じは麺・野菜と絡めて食べると旨かった。そういえば細切れブタが入ってなかったけど、やめちゃったのかなあ?それにしても最近ここでラーメンを食べていないのでわからないけど、つけ麺は決してライトとは言えないと思う。脂の旨みが加わって結構ハードだ。

一之江と同じく1年に1回行く(と思われる)二郎、来年はどんな感じなんだろう。今からちょっと楽しみだ。

---営業情報
東京都世田谷区上野毛1-26-16
TEL:非公開
11:00~14:00 18:00~22:00
11:00~14:30頃(土曜)
日・祝休

花火

今年は場所の関係もあって、川崎側の花火に集中して見ることにした。なかなかいいね!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1115

コメントする