2010年9月20日

らーめん豚喜 川口店

豚喜川口1009-2

あれだけアレだったのにも関わらず、また豚喜に行ってしまった・・・だって、浦和からすぐなんだもん。ってか何故浦和に二郎モドキどころかマトモなラーメン屋がないんだ?ってのはともかく、見た感じで言えば県庁所在地の浦和より全然都会な川口に行ってしまうのは仕方ない。

さて、お昼をちょっと過ぎた時間だったので、さすがに行列は店内2人待ちのみ。「ほぐし豚」の張り紙に鼻息荒く別途購入してまぜそばの食券に追加するも、店員のオセロ金髪さん「まぜそばにはほぐし豚入ってるんですよ~」とのこと。だったらまあいいや。

そんなやりとりがあった後、すぐに着席。やっぱ二郎モドキの店で長時間並んでまで食べたくないよなあ。それにしてもこのオセロの金髪さん、ものすごいアグレッシブさである。幼児用のために椅子机(?)を出してきたり、調理担当にハッパかけたり、並んで座りたい人のために空いてるスペースに椅子を持ってきたり。ここの店主はこのオセロ金髪さんではないだろうか?

ビール

ビール(350円)

この日の用事は終わってしまったのでビール飲みながらマッタリと。まあ、グラスというかコップを見るとだいたい洗浄レベルがわかってしまうのが寂しいのだが・・・(そのまま飲みなさい)。チビチビ飲んでたらオセロさんが横に立つので、そうかぁ・・・と思い隣に移動してホモップルのために連席を開けた。「すいませんねぇ~ごめんなさぁーい!」人気のあるのも解るような気がする。

汁なしニンニク

汁なしニンニク(780円)

「お待たせしましたぁ~」とオセ(ryさんが持ってきてくれたこいつ。通常のラーメンに+100円だけあって、玉子の黄身のみならずほぐし豚やチーズまでも入ってる。ブラックペッパーもしこたまかかってて、「めんどくさいから全部やっちゃいました」的な内容だ。もっともこれにニラキムチを入れないところが良心の呵責ってやつなんだろう。

麺

麺は相変わらずのやわらかチャンポン麺。しかしなんで二郎風のお店は二郎と違う麺を出したがるのだろうか?そのままパクってくれたほうがいいのだけど・・・。さて、これは汁なしだけあって、マゼマゼしないと黒胡椒の味しかせず、さらに混ぜるとスパイシーな黒胡椒の味になるw胡椒嫌いの人にはたまらないんだろうなあ。元々チーズも入ってるからいきなりクドい度MAXなんだけどハマる人にはハマる味だと思う。でもちょっと単調になりがちだよなあ。

ブタ

ほぐし豚もこんもり入っており、野菜と絡めて食べるのもなかなかいい感じ。ほぐしてないほうのブタは前回のツナ以下のツナよりはだいぶいい感じなんだけど、ブタというか冷たいバターを食べているような感じがアレである。かぶりついた瞬間の至福感ってのがないんだよなあ。

---営業情報
埼玉県川口市栄町3-12-6
11:00~14:30、 18:00~22:00(仕込み切れ次第終了)
水休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1129

コメント[2]

お前みたいな能無しが豚喜さんにケチつけてんじゃねぇよ
それに何がホモップルだ、クソが

お前なんてどうせ生きてる価値無いんだから慎ましく生きてろよ^^

No.3201のあさんのコメントへの返信

あさん、コメントありがとうございます!
自分で言うのもナンですが、慎ましくけなげに生きておりますので、
今後ともよろしくお願い致します。

コメントする