2010年10月10日

馬力屋

馬力屋1010

3連休は特に用事も無かったのでぶらぶらとその辺を・・・そうだ忘れないうちに、ってことで免許更新に鴻巣まで行ってみた。しかし、なんで鴻巣なのか。「鴻」の「巣」だぞ。人間の住むところじゃないな(住んでる人すんません)。とまあぶらぶらと行きつつ、腹減ってしまったからこの辺の名物を食べてみようとちょいと有名らしいそば屋さんへ。この外観どうよ?無人販売所なんかも併設されててカントリー風味満載だ。

あんな入り口だけど、その奥のしっかりとした戸をくぐり抜けて店内へ。テーブル席はあんまりなく、座敷席メインで50人くらいは入れるだろうかってな感じのいかにもなお蕎麦屋さんで、ガッツリしたものを頼むとかなりのお値段になるらしいが・・・我々としてはちょいとおうどんを。

うんちく

どうも最近鴻巣では「川幅うどん」なるものが有名らしい。この辺の荒川が川幅日本一なのを記念?して売り出し中のいわゆる「B級グルメ」的なモノである。個人的にはその土地に根ざした以外の、無理やりでっち上げたようなブツはあんまり好きではないのだけど、新名物と聞くとどうも・・・w

川幅鴨汁うどん+煮玉子

川幅鴨汁うどん+煮玉子(950円)

お姐さんに頼んで10分ほど、ちょっと遅いかな~って頃に出てきた。

ツユ

澄んだツユの上にはキラキラと鴨の油が浮かんでいるが・・・

麺

このうどんというか失敗したような湯葉というか何と言うかなシロモノは一体?

一反木綿

ビローンとこの一反木綿的なブツを伸ばしてツユに浸けてみると、すすり上げる、という感じでは全く食べられず、端からチマチマと食べるしかない小麦粉の塊である。うどんのコシというかガッチリした歯ごたえ満点なシロモノで、地粉の風味とあっさり目のツユとのミスマッチがなんとも言えない。ボリュームはそれほどでもないんだけど、噛みまくってるといつの間にか腹いっぱいになってしまっていた。

ビールはナニゲに赤星だし、隣のオヤジどもが呑み喰らいしていた鴨もつ煮を含むフルコースが旨そうだったんだけど、いかんせん遠すぎるし、また来る機会はあるのだろうか・・・。

馬力屋1010

---営業情報
埼玉県鴻巣市滝馬室948-2
TEL:048-542-9055
11:30~14:30 17:00~20:30
木夜休

次念序

ちなみにこの「馬力屋」、100mくらい離れたところにかの有名な「次念序」がある。こちらはざっと見た感じ40人くらい待ち。この手の濃厚魚介豚骨極太つけ麺ってまだまだこの地では需要があるんだろうか。

免許更新

で、免許センターで晴れてゴールド免許ゲット。都心のほうではゴールド免許=ペーパードライバーらしいけど、バイク通勤してて土日は車運転してる身としては、努力が報われたというか運が良かったとしか言えない。

ゼリーフライ古墳

免許をゲットして安全運転で行田まで行ってゼリーフライ。こっちのほうがB級っぽいな。ゼリーフライを片手に古墳に登って石田三成気分。さきたま古墳群を世界遺産に!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1137

コメントする