2010年10月 6日

無鉄砲 中野店

無鉄砲1010

展示会の後は打ち合わせと称してホモホモジログの中の人とラウドパーク松井こと元(セ)氏と待ち合わせて沼袋で呑み。どうでもいい話だけど同期に沼田というその名のごとくヌルヌルした男がいて、沼袋という地名を見ると彼が詰まった袋を想像してしまう。以下余談終わり。

ってなんで沼袋なんてさいたま市民にとっては縁も縁もない地にしたかってえと・・・あの無鉄砲が進出したからですよっ!しかしここでも書いたけど、無鉄砲ってなんで山の中とか、あ・・・地区の近くとか、そしてこの沼袋みたいにぶっちゃけ「辺鄙なところ」に出店するのだろうか?(住んでる人すいません)

とかなんとか思いながら駅から住宅街のど真ん中をズンズンと進むこと10分ほど、新青梅街道に出た・・・と思ったらあたり一面豚骨臭がw豚骨臭を通り越していわゆる「足の裏」系のオイニーである。お店ができてから1ヶ月ちょい、この辺の人たちはどう思ってるんだろうか?私だったら、住んでるマンションに無鉄砲ができると知ったら、旗とか幟とか立てんばかりの勢いで全力で阻止するかもw

注意書き1注意書き2

さて店内へ。入ってしまえばこちらのもの、オイニーもそんなに気にならなくなってしまうマジック。お客さんの入りは半分くらいで、開店してからやってくるラヲタさんが一巡したのかそんなに混んではいない。お店のあちこちにこんな注意書きやら有名ラーメン店主(笑)からのお祝いメッセージがあったりして、いかにもイケてない今風のお店だが・・・

ビール餃子

ビール(500円)、餃子(400円)

ラーメンが待ち遠しいけど、とりあえずビールと餃子でじわじわ待ってみよう。ここのお店、ビールはいの一番に持って来てくれるのは当然として、「餃子はラーメンの前にお持ちしましょうか?」と聞いてくれた。これって結構重要だと思う。ひどい店になるとラーメン食べてる最中にビールが来て、ラーメン食べ終わる頃に餃子が来るもんなあ。その点、無鉄砲はわかってる!餃子の味は・・・餃子としか言いようのない味だけどw

とんこつラーメン麺固めこってりネギ多め

とんこつラーメン麺固めこってりネギ多め(750円)

出たー!カウンターに置かれても波一つ立たない、強固なスープの液面w凄まじい粘度だ。おそらく1000mPa・s以上あるのではないだろうか。持って帰って測定してみたいところだ。こってりにしてしまったので背脂で大変なことになってしまっているが、見た目で「ヤバそう」というラーメンはなかなかないと思う。さて、恐る恐る・・・。

麺

うっはー、このドロドロ具合。思わず顔がニヤケてしまう。麺がスープを持ち上げる持ち上げる。というか、無鉄砲において「麺」はスープをすくうレンゲ、食べられるレンゲみたいなモンだと思う。現に麺はあまり自己主張のない一般的な札幌味噌ラーメンっぽい中太グミグミ麺。これが強い麺だったらスープとケンカしちゃうと思うな。しかしこのスープは本当にスゴイ。旨さだけを見事に抽出して、臭みやえぐみは全くない。しかも食べた後全然もたれないってのは奇跡だと思う。

チャーシュー

チャーシューは関西っぽい感じの薄いバラ肉。これもあんまりこれと言って自己主張をしないタイプなんだけど、こういう感じを狙ってるんだろうなあ。ってスープを掬えるんじゃないか?と試してみたら実際できたw

博多麺

替え玉(100円)

替え玉は中太と細麺を選べるので、せっかくだから替え玉でしか食べられない細麺を。博多ラーメンっぽいちょいパキっとしたギュミギュミ麺。細いからデフォの中太麺より表面積が大きく、スープをまとう量が多いかと思ったけど、個人的にはちょっと食感が合わない感じかなーと思った。まあこの辺は好みの問題でしょう、とサクッと完食。さすがに完飲はしなかったけど(アブラフェチの新代田マニアの人は完飲してた)。

いやー大満足ですわ。東京でこの味が食えるとは思わなかった(個人的にはちょっと遠いけど)退店時に店長さんが「これでも大阪ほど濃くないんで・・・」と言っていたけど、もっと濃くしてもいい!と思うw逝っちゃってください、無鉄砲。

---営業情報
東京都中野区江古田4-5-1
11:00~15:00 18:00~23:00
月休

焼き物ワイン

打ち合わせ(?)は沼袋駅前の四文屋で。リーズナブルに楽しめるお店・・・かと思ったら意外と高くついてしまった。呑み過ぎ注意!しかし、西武新宿線沿線ってなんでこんなにモツ焼き屋が多いんだろう?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1135

コメントする