2010年10月18日

魚河岸丸天 魚河岸店

丸天魚河岸

この週末は大学の研究室時代の仲間と浜名湖畔の貸し別荘に滞在。野郎どもは相変わらずバカだし、女の子は相変わらずチャーミー。変わらないものは大切にしたいと思う。

日曜に解散して我々は箱根の温泉宿に滞在し、その後沼津に降りて丸天に行ってみた。月曜だというのになんという混雑ぶり・・・元気なオバちゃんとそれにケナゲにつき従う無言のオッサンたちでこの界隈は大賑わいだ。中でも丸天近辺はもうカーニバル状態である。

順番待ちは店頭のノートに名前と人数を書くスタイルだけど、私らの前には30人!くらいいて「平日だぞなんだこれはありえねー」とか思ってたけど書いたら2分後に名前呼ばれて拍子抜け。おそらく2人だからワープできたのだろう。他は5人組とか7人組とかだったし。

店内

店内は外観とは違って奥行きもあってかなりの人数が収容できそう。カウンター、テーブル、小上がりとおそらく100人は余裕で入れると見た。この張り紙メニューを見なさいよ。みんなビール飲んでいいなあくそう!

丸天丼

これは私の食べた「丸天丼」。これを見てマズそうって思う人は1万人に1人くらいだろう。エビが立ってるのがいいね!ベタな内容だけど、どれもシャッキリポン!と口の中で踊って踊っていかにも竜宮城のようだった。

いくら・うに・ぶつ切り丼

こちらはカミさんの食べた「いくら・うに・ぶつ切り丼」。小市民的な丸天丼に比べると、カニの味噌汁がついてるのがブルジョワチックである。

かき揚げ

そしてメインイベント、丸天名物のかき揚げである。このかき揚げは特許を取っているらしく、「特許3464637」を調べてみたけど、たしかに出てたw食べてみて旨かったらこの家でも「特許のトレース」をやってみようと思うが、、まず「フィンのついたかき揚げ鍋」で挫折するわけだけど・・・。肝心の味は果たして。

中身くぱあ

で、このかき揚げ、見たまんまの味。割ってみると衣が80%くらいで、残りが玉ねぎ、エビ、ネギ。「サクッ」とか「カリッ」とかとは無縁のげんこつせんべいみたいな食感で、エビを中心にひょいパクって食べて終了。周りでほとんど食べてる人がいなかったのも頷ける。まあ「名物」なだけである。

おみやげ

かなり脂っぽくなったおなかをさすりながら、近くのアーケードでおみやげを物色。桜えびって駿河湾近辺でしか採れないと思ってたけど、台湾でも採れるんだねえ。しかも量が倍ってことは値段が半額・・・。

次郎長

おまけ:国道1号を箱根峠から沼津に降りてくるときに見かけた黄色い看板に赤と黒の文字の◯郎的なラーメン屋。11月のラーメンショーには「次郎長」なる店が出ているらしいけど、これが本店か?(追記:ラーメンショーは函館らしい)。それにしてもラーメンとラッシーの店とは新しい。インド風ラーメン店か?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1139

コメント[4]

初めまして、静岡県東部在住のバボイと申します。
いつも楽しくROMさせて頂いております。
以前、訪れたことがある、「次郎長」が登場したので、つい、反応してしまいました。
「次郎長」は美味しいことは勿論、その量が多いことでも有名で、機会がありましたら是非、寄ってみて下さい。

http://ameblo.jp/baboy/entry-10159728851.html

それと、「ラッシー」ではなく、「ラッシュ」だと思います。(笑)

箱根から三島方面へ下っていくと左手にみえる店ですよね。
二郎好きはハッ!とする外観で。サイクリング時に気になりつつ
外観だけ撮影してスルーしていたラーメン店が登場しビックリです!

おかげで忘れていた事も急に思い出しました。富士川付近でも
次郎みかけましたYO。静岡では有名な系列なんですかね?謎

No.3162のバボイさんのコメントへの返信

バボイさま、コメントありがとうございます。次郎長、いかにも静岡らしいネーミングですね。
(ラーメンショーで出てた函館の次郎長ってのがよくわからないのですが・・・)
blog拝見いたしました。ワンタンすごいですね!チュルチュルでうまそうです。
まさか「ラッシー」じゃないとは思っていましたが(笑)、「ラーメンラッシュ」ってのもキてますね。
通勤ラッシュ並みにラーメンの洗礼を受けるのでしょうか?

No.3163のU・Dさんのコメントへの返信

噂には聞いていたのですが、まさかこんな所で遭遇するとは・・・
私はまったく気づいていなかったのですが、助手席のカミさんが写真で撮っててくれて後で教えてくれました。
二郎食いの妻の鏡や!(手前味噌ですんません)
静岡は次郎ですが、蕨には太郎ありますよ。三郎はさぶになっちゃいましたが、一体何人兄弟なんでしょうか?

コメントする