2010年12月29日

EXPASA御在所にて名古屋麺

EXPASA御在所

今日から年末年始のお休み、私も民族大移動なわけだ。年末年始ではあるもののフツーの平日なので休日1000円対象外、楽勝でしょう!と朝の2時にさいたまを出たら・・・御殿場→静岡30キロ渋滞orzそういえば4時までに高速入ると半額なんだよなあ(って私もそれを狙ったワケで)うまく行けば朝日は名港トリトンで拝めるか?と思ったら静岡県内のアップダウンの所でちょこっと渋滞、愛知県内のアップダウンの所で30キロ渋滞、でトリトンを通過して東名阪との合流地点で10キロ渋滞、と御在所SAに着いたのがなんと11時半。朝メシはここにしようと思ったのに・・・

宮きしめんと山本屋本店

なんでここで朝食にしようと思ったかってえと、名古屋2大麺(?)のきしめんと味噌煮込みが食えるからなんですねえ。最近のサービスエリアは綺麗になってご当地グルメ満載で、一昔の運ちゃんの飯場ってイメージとは雲泥の差だ。トイレなんか凄かったもんなあ。さてそれはさておき、ちょっとしたトラブルで昼飯になってしまったけど概ね問題なし。それにしても宮きしめんと山本屋本店のコラボ(というか隣同士)というのはすごいね。

宮きしめんメニュー

まずは宮きしめんを。自分は宮きしめんって熱田神宮にあるのを食ったくらいなのと、おみやげで持っていく(自分は食わない)くらいの典型的な元名古屋人なわけなんだけど、こんなにいっぱいメニューあったのか。「五目あんかけきしめん」とか「肉みそジャージャーきしめん」なんて前衛的すぎるだろうwしかも「そばにもできます」って・・・w

山本屋本店

こちらは山本屋本店のメニュー。至ってシンプルというかコンサバティブというか、宮きしめんのアグレッシブな内容と比べると「味噌煮込みとはかくあるべし」という意思が感じられるメニュー。つか「そばにもできます」とか味噌煮込みで絶対ありえないよなあw名古屋の「山本屋」って「山本屋本店」と「山本屋総本家」があるけど、どう違うの?と聞かれるといつも「山本屋本店は味噌煮込み1本勝負」と応える。私も「本店」のほうがなんとなく好き。「なんとなく」だけど。

きしめん

きしめん(600円)

まずは宮きしめんの一番シンプルなブツをチョイス。麺を湯通してツユを張った丼にインするだけなので、頼むとすぐ出てくる。ビランビランとした、しかし糜爛していない麺は噛むとか啜るとかそういうのを全く拒絶する、ベロベロと食べる感じ。この味の濃い甘めのツユを吸ったかつおぶしと一緒にバクバク食べるのがいいんだよなあ。

親子入り味噌煮込みうどん

親子入り味噌煮込みうどん(900円)

こちらは山本屋本店。頼むとそれから調理を始めるので、ポケベルみたいなものを渡されて「鳴ったら取りに来てください」と言われる。あの曲みたいになかなかポケベルが鳴らなくて待ちぼうけすること10分ほどでピーと。沸騰する土鍋をなんとか席に軟着陸させて蓋を開けた瞬間のトキメキがいい。この麺!生煮えじゃね?とよく言われるけど、ゴリゴリモソリがいいんだよなあ。「噛む」プリミティブな喜びというか。ちなみに私のオススメの食べ方はご飯を一緒に頼んで半熟玉子とスープを一緒にご飯にかける、これ最高。

全然関係ないけど、二郎モドキで味噌煮込みみたいな麺を出す所があるけど、良く茹でられた麺のほうが私は好きだ。なんでだろう?フツーは3歳の頃から食べてた味噌煮込みの記憶でゴリゴリ麺のほうが好きなはずなんだけど・・・反抗期か?

スーちゃん

アバンギャルドな宮きしめんとコンサバティブな山本屋本店を堪能し、おみやげコーナーを回ると、したたかなスガキヤのスーちゃんは味噌煮込みもきしめんも出している・・・恐るべしこの女!

って目的地の岡山に着いたのは17時、正味運転時間は12時間くらいか・・・チカレタw

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1184

コメントする