2011年3月 4日

ラーメン富士丸 板橋南町店

富士丸要町1103

何やらアヤシゲなメニューが始まったとのことなので、会社を抜け出していそいそと要町まで・・・会社からまっすぐ道を下ればすぐ行けるんだけど、最近富士丸はなかなか行けないでいたら道幅がかなり広くなっててビックリ。

壁

お店に入ると客の充填率は50%くらい、この時間だったらこんな感じなのだろうか。壁を見ると・・・あったあった、「火山」。ラーメンのボタンと生玉子の食券をポチリ。ついでに新しく始まったネギの食券(ゆで玉子の食券)もポチリして席に着いた。

席についたら少年野球チーム?の集団が10人ほどやってきて店長もニコニコ。席を譲ってあげたら店長から「これお礼です」とメンマをくれた。団体客ってウザーと思ってたけどこういう心配りがあるとなんだかイイネ!

火山

辛ダレ+ショウガダレ


火山ニンニクショウガダレ+ネギ(800+60円)

しっかしカオスだよなあ。コンロ、鍋、丼、生玉子、ショウガダレ、ネギ、辛ダレ、そしてメンマ(写ってないけど)。カウンターの上がとにかくパニック状態だ。一人鍋とも違う、なんだか落ち着かない状況。ちなみに火山を食べている人は私の他に誰も居なかった。

麺鍋にイン

ラーメン丼に入っているのは特に〆たりアブラをまぶしているわけでもない、茹で上げた麺が入っている。食べ方の説明も無かったので、とりあえずコンロの火を着けて温めながら麺を浸けて食べる。いつもの富士丸スープに輪切りの唐辛子が入っていてビミョーに辛くていい感じ。

しかし食べづらい。ホントに食べづらい。コンロで高さが底上げされているのと、鍋の背が高くてL/Dが大きいので、椅子に座って鍋に入れると目の上の高さまで持ち上げて浸ける形になり、麺を落としこんで引っ張り上げるという作業が苦痛だ。仕方ないので半腰になってて手をカマキリのようにして食べた。

辛ダレ+ショウガダレ

説明は無いと言ったけどこれはあったな、辛ダレ(?)。「辛いので少しづつ入れてくださいね~」。真っ赤かで見た目猛烈に辛そうだけど、味噌ベースのマイルドな辛さ。個人的に中本のヒヤミスープの1/10くらいの辛さに感じた。味噌タンメン食べられる人だったら楽勝だろう。

豚

それにしても豚が旨かったなあ。見た目猛烈にパサってそうだけどしっとりと柔らかく、しかも富士丸らしからぬマイルドな塩分。しかしこの火山ってメニュー、豚をパクつき、麺を浸し、辛ダレを使い、生玉子を落し込み、火力を調整し・・・と色々忙しい、ホント忙しい。そんなこんなでアタフタしてたら麺が団子のようになってしまった・・・。仕方ないので丼に鍋スープその他諸々をぶち込んでフィニッシュ。

色々と物議を醸しだしそうなこの「火山」、また食べたいか?と聞かれると正直ビミョーだけど、この圧倒的なチャレンジ感に乾杯だ。

ネギ

ネギはラー油で和えられて豚の切れ端が乗っている。これは単体でビールのおつまみにしたい。今日は都合によりビール飲まなかったけど、今度やってみよう。

---営業情報
東京都板橋区南町4-7
TEL:03-3530-0526
18:00~24:00
月休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1177

コメントする