2011年3月 9日

らーめん いごっそう

いごっそう1103

今日は東村山へ出張~「東」「村」「山」ってつくとなんだか超INAKA的な感じだけど(さいたま民が言うな)、浦和からは武蔵野線で結構近いのね~って駅でジャカスカ流れてると思った「東村山音頭」が全く流れてなかったのが残念!とまあそれは置いといて、仕事もソコソコに切り上げて、西武沿線だったらアレだろーということで移転したいごっそうへ。「東伏見」駅も初めて降りるが、この辺は東村山だの東伏見だの東久留米だのどうせだったら東南西北白発中全部揃ってる浦和を見習いたまえ!

早稲田のグランドの横を通り抜け、でっかい道に出ても横断する術が無いので遠回りして歩道橋を登り降り、ヒイヒイ言いながらお店まで。旧店舗もそうだけど駅から遠いよなあ・・・って3人ほどの行列。

メニュー卓上調味料

入ってみると旧店舗を一回り大きくしたような感じの店舗に店主と女性助手。なんだかやりとりが微笑ましい。上を見上げるとメニューが。以前は裏メニュー(?)扱いだったつけ麺や味噌が堂々と書いてある。それにしてもこの字、なかなか味のある字体だと思うのは私だけだろうか。「豚めし」の「し」なんかエロチックな感じ。カウンターには旧店舗から移植したと思しき調味料類。

味噌つけ麺ニンニク少し

味噌つけ麺ニンニク少し(800円だったような)

やっぱいごっそうと来たらつけ麺、それも冬季限定の味噌だよね~。ってそんなに喰い込んでるわけじゃないけど、それだけの引力は私的にはあるわけで。いやーツヤツヤの麺がうまそうだ。ではでは、頂きましょう。

麺

しかしホントここのつけ麺は二郎(系)イチ好きだ。そもそも二郎にはつけ麺無いし、ここは麺が全然二郎してないし、味噌ってのもアレな感じなんだけど、つけ麺として好き。ラーメンで食べると弱めの麺なんだけど〆ると別モノになるんだよねえ。毎年違うという味噌だけど、今回食べた感じは醤油でも味噌でもないマイルドな感じ、深みのあるマイルド感を醸しだす脂のコクそれにネギと唐辛子の辛味が良かった。それにしても麺が大量・・・リーマンの昼食としてはアレだと思いつつ堪能。

ブタ

ブタもしっとりしててんまい。豚めしだけ大量にお持ち帰りする人がいるのも頷ける。以前「豚めしと塩豚めしそれぞれ4人前持ち帰りで!」と頼んでる人がいて唖然としたけど、さすがに今日はおらず常識の範囲内での持ち帰りが1人。とそんなこんなで堪能。また来年味噌つけ麺が楽しみだ。

---営業情報
東京都都練馬区関町南4-25-18
11:30~14:30 18:00~21:30
月火祝休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1178

コメントする