2011年3月12日

SHINOBIRIKA

SHINOBIRIKA1103

豆腐のようにフニャフニャ揺れるビルを見たのも初めてだけど、漠然と、しかしずっと思ってた「これから先日本はどうなっちゃうんだろう」ってのが現実のものになってしまったのには愕然となってしまった。けど、昔のえらい人も言ってるように「どうなる、じゃなくて、どうする」のが大事なのだ。「おめーら若いのこれくらいで挫けんじゃねーよ、俺はあの地震経験したけど大したこと無かったよな。」って言えるイヤなジジババになりましょうぜ。

ってまずは隗より始めよってことで、引越しが決まっていたので片付けで出てきた粗大ごみを車に積んであんなことがあってもフツーにやってるさいたま市の清掃センター、その帰りに「そういえばこの辺でっポイお店あったよなあ」ということで市外になっちゃうけど上福岡のSHINOBIRIKAへ。こちらもフツーに営業してる。フツーを維持することって実は物凄く大変なのに。

券売機卓上調味料

ラーメンの写真が無いと全くそれっぽくない店内に入ってみると、吉野家系殺伐コの字カウンターにお客さんと店主が1人ずつ。なんともフツーな感じだ。どっかで見たようなってかアソコとソコでした見たことがない券売機でラーメンと味玉のボタンをポチリ。店主らしき人に手渡すと「ニンニク入れますか?」と聞かれ「はい」とフツーの受け答え。

ラーメン+味付玉子ニンニク上

ラーメン+味付け玉子ニンニク横

ラーメン+味付け玉子ニンニク(700+100円)

ふうむ、いかにもなビジュアルですなあ。ニンニクがてんこ盛りで嬉しい。背脂チャッチャ系でかなりドバドバしてるけど、見た目サクッと食べられそうな感じ。さて。

麺

おおっ、かなりイイ線行ってるじゃないの。スープのブタが若干弱いような気もしないでものないけど、修行してなくて資本系じゃない、いわゆる見よう見まね系ではかなりの出来だと思う。野猿バリのガチムチ麺はこの辺じゃ好みが分かれそうだけど、豚ドクロ系のゴムっぽい麺を出す店しかこの辺には無かったので、個人的にはなかなか良い感じだと思う。

豚

豚はサクサクっとした大ぶりのやつと、しょっぱめのほぐし系。ほぐしたヤツを麺に絡めて食べると旨いなあ。スープにブタ系パンチが加わるし。ってなことで満足して退店。

ちなみにこのお店があるのはふじみ野市、部外者から見るとふじみ野市も隣の富士見市も全く同じなんだけど、浅からぬ因縁があるらしい。この国難に当たってはそういうチンケなことでいがみ合ってる場合ではないと思う。いっそこの際「さいたま市」でいいではないか。

---営業情報
埼玉県ふじみ野市緑ヶ丘1-3-2
11:00~19:00 11:00~15:00(土曜)
日祝休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1180

コメントする